お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-23 15:10
[招待講演]超過密環境に適応可能なミリ波帯WBAN
亀田 卓東北大)・秋元浩平秋田県立大)・横内汰地本良瑞樹末松憲治東北大RCS2020-109
抄録 (和) ミリ波帯を用いた WBAN(wireless body area network)は人体遮蔽による減衰が大きいため,混雑環境下における WBAN 間干渉を解決する手法の 1 つとして期待されている.本講演では,(1) 我々がこれまで研究してきたミリ波帯大容量無線システムのためのRF(radio frequency)モジュールや電波伝搬に関する研究の成果,ならびに (2) ミリ波帯 WBAN における人体遮蔽を考慮した WBAN 間干渉モデルと本モデルに基づく WBAN 間干渉抑制効果の評価について紹介する.後者の WBAN 間干渉モデルの検討においては,干渉波に対する 4 種類の減衰を考慮した WBAN 間干渉波伝搬のリンクバジェットの導出により,被干渉ユーザと与干渉ユーザ間での干渉の発生条件を考察した.次に,ユーザ密集環境下におけるミリ波帯 WBAN 間干渉環境を計算機シミュレーションにて評価し,WBAN ユーザ 1 人あたりに対する平均干渉 WBAN ユーザ数はユーザ密集環境下においても約 7〜20 人に収束することを明らかにした.さらに鉄道車内などの超密集環境における通信特性評価により,WBAN 間干渉の抑制効果により高スループットのミリ波帯 WBAN が実現可能であることを示した. 
(英) Wireless body area network (WBAN) using millimeter wave (mmW) is expected to solve inter-WBAN interference problem. The human body blocking is important to reduce interference, especially in overcrowded conditions. In this presentation, we firstly introduce our previous works on radio frequency (RF) modules and propagation measurement for mmW high-throughput communication. Next, we introduce the proposed mmW inter-WBAN interference propagation model considering the human body blocking and evaluation of the interference environment in the overcrowded condition by the computer simulation. The link budget considering the four kinds of attenuation of the interference power is introduced and the condition of the inter-WBAN interference is investigated. It is confirmed by the computer simulation that the number of interference users per user converges as 7-20 interfering users in the overcrowded condition. In addition, we evaluated the communication characteristics in an extremely dense environment such as inside of a commuter train coach. As a result, the feasibility of the high-throughput mmW WBAN is shown that is very effective to reduce inter-WBAN interference.
キーワード (和) ボディエリアネットワーク(BAN) / 人体領域通信 / 人体遮蔽 / ウェアラブルノード / 干渉環境 / 60 GHz 帯 / /  
(英) body area network (BAN) / human body blocking / wearable node / interference environment / 60-GHz band / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 204, RCS2020-109, pp. 92-92, 2020年10月.
資料番号 RCS2020-109 
発行日 2020-10-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-109

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2020-10-22 - 2020-10-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超過密環境に適応可能なミリ波帯WBAN 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Millimeter-Wave Wireless Body Area Network Adaptable to Overcrowded Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ボディエリアネットワーク(BAN) / body area network (BAN)  
キーワード(2)(和/英) 人体領域通信 / human body blocking  
キーワード(3)(和/英) 人体遮蔽 / wearable node  
キーワード(4)(和/英) ウェアラブルノード / interference environment  
キーワード(5)(和/英) 干渉環境 / 60-GHz band  
キーワード(6)(和/英) 60 GHz 帯 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋元 浩平 / Kohei Akimoto / アキモト コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横内 汰地 / Taichi Yokouchi / ヨコウチ タイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本良 瑞樹 / Mizuki Motoyoshi / モトヨシ ミズキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-10-23 15:10:00 
発表時間 50分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2020-109 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 p.92 
ページ数
発行日 2020-10-15 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会