お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 13:35
仮想マシンの累計稼働時間に基づく仮想ネットワーク動的優先監視方式の検討
沖田英樹星原隼人日立)・薦田憲久藤原 融阪大ICM2020-31
抄録 (和) データセンターの多数の仮想マシンの障害管理の効率化のために,広域ネットワークの障害監理向けのEthernet OAMを活用する方式が開発されているが,監視対象を選択するためにあらかじめ故障確率モデルの作成が必要という課題を抱えている.そこで,初期故障と摩耗故障をそれぞれ独立に監視し,仮想マシンの累計稼働時間に基づいて動的かつ継続的にEthernet OAMの監視対象ポートを選択する,累計稼働時間ベース動的仮想ネットワーク監視方式を提案する.シミュレーション評価の結果,提案方式を用いた場合にランダムに監視対象ポートを選択する従来の場合と比較して仮想マシンの故障箇所を特定する時間を0.9%短縮した.これにより,多数のVMが稼働するクラウドサービス向けデータセンターにおいて,仮想マシンの故障確率モデルを作成することなく,Ethernet OAMのネットワーク監視への活用を実現する見通しを得た. 
(英) A monitoring method that utilizes Ethernet OAM, which was originally developed for monitoring failures in wide-area networks, was developed to make efficient the failure management of a lot of virtual machines in data centers. Network administrators must make a failure-rate model in advance of using the monitoring method. This report proposes a new virtual-network monitoring method that manages early fail and wear-out as independent and selects dynamically targeted network ports monitored by Ethernet OAM based on uptime of virtual machines. As an evaluation result of a simulation study, the proposed method reduced the average server-failure locating time by 0.8% compared to the prior method that selects randomly monitored ports. It can be said that the proposed method enables to utilize Ethernet OAM in data centers running a lot of virtual machines for cloud services without making failure models.
キーワード (和) 仮想ネットワーク / ネットワーク運用管理 / データセンター / クラウドサービス / OAM / / /  
(英) virtual network / network management / data center / cloud service / OAM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 259, ICM2020-31, pp. 61-66, 2020年11月.
資料番号 ICM2020-31 
発行日 2020-11-19 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2020-31

研究会情報
研究会 NS ICM CQ NV  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,ブロックチェーン,セキュリティ,ネットワークインテリジェンス・AI,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Network quality, Network measurement/management, Network virtualization, Network service, Blockchain, Security, Network intelligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2020-11-NS-ICM-CQ-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想マシンの累計稼働時間に基づく仮想ネットワーク動的優先監視方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamically prioritized virtual-network monitoring according to uptime of virtual machines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想ネットワーク / virtual network  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク運用管理 / network management  
キーワード(3)(和/英) データセンター / data center  
キーワード(4)(和/英) クラウドサービス / cloud service  
キーワード(5)(和/英) OAM / OAM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖田 英樹 / Hideki Okita / オキタ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星原 隼人 / Hayato Hoshihara / ホシハラ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 薦田 憲久 / Norihisa Komoda / コモダ ノリヒサ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-11-27 13:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2020-31 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数
発行日 2020-11-19 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会