お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-16 13:50
共有物の大皿はコミュニケーションの何を変えるのか? ~ 異なる食事形式による高齢者らの視線行動分析から ~
徳永弘子花井俊孝東京電機大)・木村 敦日大)・武川直樹東京電機大
抄録 (和) 本研究は,高齢者の会食中の行動分析から,食事形式がコミュニケーションに及ぼす影響について明らかにする.これまでに,高齢者6名からなる4グループに対し,同じメニューを銘々膳形式,共同膳形式で提供する食事実験を実施した.その結果,共同膳形式は銘々膳形式に比べ会話のトピック数が多いなど,食事形式が参加者の会話構造に影響を及ぼす可能性を示した.そこで本稿では,参与者らの視線方向を書き起こし,会話のトピック数との関連を分析した.その結果,共同膳形式の特徴として,大皿から取り分けるというイベントがあるだけでなく,取り分け皿に食べ物がなくなった参加者は,話し手に視線を向ける機会が増えること,ターンの区切りが取り分け行為のタイミングとなり,それまでのトピックは終息しやすいことが示唆された. 
(英) This study clarifies the effects of meal style on communication based on the behavior analysis of the co-eating of older adults. In a previous study, we conducted a dietary experiment in which the same menu was provided in individual and platter formats to four groups consisting of six older adults. Results showed that the meal format may affect the conversation structure of the participants. For example, a meal served on a platter was associated with more conversation topics than was a meal served individually. In this paper, we transcribed the gaze directions of the participants and analyzed their relationship with the number of conversation topics. Results show that the characteristics associated with the platter format include not only the behavior of separating from the platter, but also the behavior of participants who have run out of food on their platter as they more frequently look at the speaker. Furthermore, it was suggested that the endpoint of a turn provided the timing for the action of separating food, which ended the current topic.
キーワード (和) 共食会話 / 多人数コミュニケーション / 高齢者 / 銘々膳 / 共同膳 / / /  
(英) co-eating / multi-party conversation / meal style / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN  
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2020-12-15 - 2020-12-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 共生社会をささえるヒューマンコミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2020-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共有物の大皿はコミュニケーションの何を変えるのか? 
サブタイトル(和) 異なる食事形式による高齢者らの視線行動分析から 
タイトル(英) What Does the Platter as Shared Item Affect Communication? 
サブタイトル(英) Comparison of Gaze Behaviors of Elderly between Different Dietary Styles 
キーワード(1)(和/英) 共食会話 / co-eating  
キーワード(2)(和/英) 多人数コミュニケーション / multi-party conversation  
キーワード(3)(和/英) 高齢者 / meal style  
キーワード(4)(和/英) 銘々膳 /  
キーワード(5)(和/英) 共同膳 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 弘子 / Hiroko Tokunaga / トクナガ ヒロコ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 花井 俊孝 / Toshitaka Hanai / ハナイ トシタカ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 敦 / Atsushi Kimura / キムラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa / ムカワ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-12-16 13:50:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会