お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 14:10
Phantact:実世界におけるプロテウス効果生起システムの提案
鹿内裕介磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-30
抄録 (和) 自身の見た目を変えることで,態度や行動が変容するプロテウス効果がVR環境にて知られている.
心的障害や社会問題の解決に寄与する可能性が考えられるプロテウス効果であるが,実世界における同効果の検証事例はまだない.
そのため,本論文ではプロテウス効果を実世界で実現しその効果を調査するために試作したARシステムPhantactについて報告する.Phantactでは,持続時間が短いという従来のプロテウス効果の問題点の解決策として,三人称視点を導入している.試作システムを実際に動作させ,ユーザ自身の姿をアバタに変化させ,その様子を三人称視点で観察できることを確認した. 
(英) The Proteus effect has been studied in virtual environments, which changes user's attitude and behavior by changing his/her own appearance.
Although the Proteus Effect has the potential to contribute to solve social problems such as psychological disorders, there are still no reports on its verification in the real world.
In this study, we propose an AR system Phantact to investigate the feasibility of the Proteus Effect in the real world.
As a solution to the problem of the short effective duration of the Proteus effect, the third-person perspective is introduced. As a result of the prototype system, it was confirmed that the user can see a virtual avatar as his/her own appearance in the third-person perspective.
キーワード (和) プロテウス効果 / 身体所有感 / 自己主体感 / 自己定位感 / 三人称視点 / / /  
(英) The Proteus Effect / Sense of Ownership / Sense of Agency / Sense of Self-Location / Third-person Perspective / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 319, MVE2020-30, pp. 1-6, 2021年1月.
資料番号 MVE2020-30 
発行日 2021-01-14 (MVE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2020-30

研究会情報
研究会 MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) Sustainability のための CV・ VR 技術(VR学会SIG‐MR連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2021-01-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Phantact:実世界におけるプロテウス効果生起システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phantact: An Augmented Reality System to Induce the Proteus Effect in the Real World 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロテウス効果 / The Proteus Effect  
キーワード(2)(和/英) 身体所有感 / Sense of Ownership  
キーワード(3)(和/英) 自己主体感 / Sense of Agency  
キーワード(4)(和/英) 自己定位感 / Sense of Self-Location  
キーワード(5)(和/英) 三人称視点 / Third-person Perspective  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿内 裕介 / Yusuke Shikanai / シカナイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯山 直也 / Naoya Isoyama / イソヤマ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒田 信親 / Nobuchika Sakata / サカタ ノブチカ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-01-21 14:10:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 MVE 
資料番号 MVE2020-30 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2021-01-14 (MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会