お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-22 16:20
頂点数4の完全グラフを敷き詰めた状態がユニバーサルリソースであることの証明
前林要壱渡邉 昇東京理科大IT2020-110 SIP2020-88 RCS2020-201
抄録 (和) リソース状態は量子計算の一方式である測定型量子計算を行うときに用られている。任意の量子計算を行うことが可能なリソース状態を、ユニバーサルリソースであるという。クラスター状態はユニバーサルリソースとして知られている。本研究では、クラスター状態へと変形することが出来ない頂点数4の完全グラフを敷き詰めたリソース状態を考え、それがユニバーサルリソースであるかを調べた。 
(英) Resource state is used to measurement-based quantum computation. If resource state can perform any quantum computation, then it’s called Universal resource. Cluster state is known as universal state.
In this study, we considered a resource state with a complete graph with 4 vertices that cannot be transformed into a cluster state, and investigated whether it is a universal resource.
キーワード (和) 測定型量子計算 / 量子情報 / ユニバーサルリソース / / / / /  
(英) Measurement-based quantum computation / Quantum information / Universal reasource / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 320, IT2020-110, pp. 265-270, 2021年1月.
資料番号 IT2020-110 
発行日 2021-01-14 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-110 SIP2020-88 RCS2020-201

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2021-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頂点数4の完全グラフを敷き詰めた状態がユニバーサルリソースであることの証明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proof that graph which laid complete graph with 4 vertices is universal resource 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 測定型量子計算 / Measurement-based quantum computation  
キーワード(2)(和/英) 量子情報 / Quantum information  
キーワード(3)(和/英) ユニバーサルリソース / Universal reasource  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前林 要壱 / Yoichi Maebayashi / マエバヤシ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 昇 / Noboru Watanabe / ワタナベ ノボル
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-22 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2020-110, SIP2020-88, RCS2020-201 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.320(IT), no.321(SIP), no.322(RCS) 
ページ範囲 pp.265-270 
ページ数
発行日 2021-01-14 (IT, SIP, RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会