お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-22 13:20
[依頼講演]力覚フィードバックを用いた遠隔ロボットシステムにおける安定化
黄 平国岐阜聖徳学園大)・石橋 豊名工大)・三好孝典長岡技科大CQ2020-97
抄録 (和) 本報告では, 利用者が触覚インタフェース装置を用いて, 力覚センサが付与された遠隔の産業用ロボットを操作して作業を行う、力覚フィードバックを用いた遠隔ロボットシステムを対象とする。そして、一つのシステムを用いた作業と二つのシステムを用いた作業に対して、 筆者らのこれまでのシステムの安定化制御に関する取り組みとその成果を述べる。さらに, 安定化制御に関する課題を議論する. 
(英) In this report, we deal with a remote robot system in which a user can operate an industrial robot with a force sensor at a remote location by using a haptic interface device. We introduce our studies and demonstrate our achievement on stabilization in the operation with a single remote robot system and that between two remote robot systems. Finally, we discuss the challenges of the stabilization control.
キーワード (和) 遠隔ロボットシステム / 力覚フィードバック / 力覚センサ / 触覚インタフェース装置 / 安定化 / / /  
(英) Remote robot system / force feedback / force sensor / haptic interface devise / stabilization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 314, CQ2020-97, pp. 135-139, 2021年1月.
資料番号 CQ2020-97 
発行日 2021-01-13 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2020-97

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2021-01-20 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) AR/VR,放送サービス,映像/音声サービスの品質,高臨場感,ユーザ行動/心理,ユーザ体験,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,機械学習,ビデオコミュニケーション,一般 
テーマ(英) AR/VR, Broadcasting Service, Video/Voice Services Quality, High Realistic, User Behavior/Psychology, User Experience, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, Video Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2021-01-CQ-CBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 力覚フィードバックを用いた遠隔ロボットシステムにおける安定化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stabilization in Remote Robot Systems with Force Feedback 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔ロボットシステム / Remote robot system  
キーワード(2)(和/英) 力覚フィードバック / force feedback  
キーワード(3)(和/英) 力覚センサ / force sensor  
キーワード(4)(和/英) 触覚インタフェース装置 / haptic interface devise  
キーワード(5)(和/英) 安定化 / stabilization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 平国 / Pingguo Huang / コウ ヒラクニ
第1著者 所属(和/英) 岐阜聖徳学園大学 (略称: 岐阜聖徳学園大)
Gifu Shotoku Gakuen University (略称: Gifu Shotoku Gakuen Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 孝典 / Takanori Miyoshi / ミヨシ タカノリ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka University of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-22 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2020-97 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.135-139 
ページ数
発行日 2021-01-13 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会