お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 13:00
µsオーダー遅延揺らぎ実現を目指したパケット制御技術の検討
那須 豊栗本 崇岡本 聡山中直明慶大PN2020-54
抄録 (和) 第五世代移動通信システム(5G)において提供される主要性能の一つに“超低遅延”があり,この“超低遅延”を活かしたアプリケーションが多く考えられている.そこで,IETF-Deterministic Networking (DetNet)やIEEE802.1-Time Sensitive Networking(TSN)などの有線パケット網における低遅延関連の標準化が行われており,DetNetは遅延の確率分布に上限値を設ける,TSNは遅延要因を排除し遅延を小さくすることを目標としている.本論文では低遅延標準化の概要について説明した後に,TSNの技術の一つであるTime Aware Shaper(TAS)とその課題点について述べる.TASでの課題点を解決するTSNの技術として,Asynchronous Traffic Shaper(ATS)について紹介する.ATSにはパケット単位で処理を変更するような機能は無いため,超低遅延を保証できない様な場合が存在する.そこで本論文では,ATSの機能にパケット単位で処理を変更させる機能を加えることによって,遅延揺らぎの値がµsオーダーとなることを目指したパケット制御技術について提案し,今後の検討課題について述べる. 
(英) One of the main performances provided in the 5th Generation mobile communication (5G) is "ultra-low latency", and many applications that utilize this "ultra-low latency" have been considered. Then, the standard related to low latency in the wired packet networks such as IETF Deterministic Networking (DetNet) IETF Deterministic Networking (DetNet) and IEEE802.1 Time Sensitive Networking (TSN) has been carried out. DetNet aims to set an upper limit on the probability distribution of delay, and TSN aims to eliminate delay factors and reduce delay. In this paper, after explaining the outline of low-delay standardization, we describe Time Aware Shaper (TAS), which is one of the TSN technologies, and its problems. Asynchronous Traffic Shaper (ATS) is introduced as a TSN technology that solves the problems in TAS. Since ATS does not have a function to change the processing for each packet, there are cases where ultra-low delay cannot be guaranteed, and this be described. Therefore, in this paper, we propose a packet control technology that aim to make the jitter is on the order of µs by adding a function to change the processing on a packet-by-packet basis to the ATS function, and we describe future work to the proposed method.
キーワード (和) 低遅延 / IEEE802.1 TSN / IEEE802.1Qcr / In-band Network Telemetry / / / /  
(英) Low latency / IEEE802.1 TSN / IEEE802.1Qcr / In-band Network Telemetry / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 388, PN2020-54, pp. 70-75, 2021年3月.
資料番号 PN2020-54 
発行日 2021-02-22 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2020-54

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2021-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) µsオーダー遅延揺らぎ実現を目指したパケット制御技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of packet control technology aiming at realizing µs order jitter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低遅延 / Low latency  
キーワード(2)(和/英) IEEE802.1 TSN / IEEE802.1 TSN  
キーワード(3)(和/英) IEEE802.1Qcr / IEEE802.1Qcr  
キーワード(4)(和/英) In-band Network Telemetry / In-band Network Telemetry  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 豊 / Yutaka Nasu / ナス ユタカ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗本 崇 / Takashi Kurimoto / クリモト タカシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-02 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2020-54 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.70-75 
ページ数
発行日 2021-02-22 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会