お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 13:25
MECプラットフォーム環境における動的タスク割当の性能評価
澤田知貴橘 拓至福井大PN2020-55
抄録 (和) MECプラットフォーム環境ではMECサーバとクラウドサーバを併用し,各タスクを適切に各サーバへ割り当ててることでアプリケーションの性能を維持できる.
ここで,アプリケーション内で生じるタスクは,リアルタイム性を要求するリアルタイムタスクとユーザ管理処理などのリアルタイム性を要求しない非リアルタイムタスクに分類でき,それぞれMECサーバとクラウドサーバへ適切に割り当てることが望まれる.
また,通信ネットワーク全体のトラヒック量を抑制するには,いずれのタスクもできるだけMECサーバで処理する必要がある.
しかしながら,多数の非リアルタイムタスクをMECサーバで処理することは難しく,MECプラットフォーム環境では,リアルタイムタスクと非リアルタイムタスクを状況に応じて動的にサーバへ割り当てる必要がある.
そこで本稿では,MECプラットフォーム環境でアプリケーションに動的タスク割当技術を実装した場合に,リアルタイムタスクと非リアルタイムタスクのサーバ割当が通信ネットワーク内のトラヒック量に与える影響を解析で評価する.
本解析では,リアルタイムタスクと非リアルタイムタスクのタスク数やタスクサイズ,MECサーバの最大処理負荷などを考慮して3つの異なる割当法を評価する.
性能評価では,各種パラメータが通信ネットワーク内のトラヒック量に与える影響について調査する.
数値例において3つの割当法の性能を評価し,通信ネットワークのトラヒック量に与える影響を示す. 
(英) In the MEC platform environment, the MEC server and the cloud server are used together, and the performance of the application can be maintained by appropriately allocating each task to each server.
Here, the tasks in an application can be categorized into two types of tasks; real time tasks and non-real time tasks.
In addition, in order to reduce the amount of traffic in communication networks, it is necessary to process many tasks on the MEC server.
However, it is difficult for the MEC server to process a large number of non-real time tasks due to its low processing performance.
In an MEC platform environment, it is necessary to dynamically allocate real time and non-real time tasks to the server according to the situation.
In this paper, we evaluate the impact of the server allocation of real time and non-real time tasks on the amount of traffic in communication networks when dynamic task allocation technology is used in the MEC platform environment.
We evaluate three different allocation methods by considering the number of tasks, task size, and the maximum processing load of the MEC server.
In the performance evaluation, we investigate the impact of various parameters on the amount of traffic for three allocation methods in communication networks.
We evaluate the performance of the three allocation methods in a numerical example and show the impact on the amount of traffic in communication networks.
キーワード (和) MEC / クラウドサーバ / アプリケーション / タスク割当 / 性能解析 / / /  
(英) Multi-access edge computing / Cloud server / Application / Task assignment / Performance analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 388, PN2020-55, pp. 76-81, 2021年3月.
資料番号 PN2020-55 
発行日 2021-02-22 (PN) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2020-55

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2021-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MECプラットフォーム環境における動的タスク割当の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Dynamic Task Assignment with MEC Platform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MEC / Multi-access edge computing  
キーワード(2)(和/英) クラウドサーバ / Cloud server  
キーワード(3)(和/英) アプリケーション / Application  
キーワード(4)(和/英) タスク割当 / Task assignment  
キーワード(5)(和/英) 性能解析 / Performance analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 知貴 / Kazuki Sawada / サワダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: University of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 拓至 / Takuji Tachibana / タチバナ タクジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: University of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-02 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2020-55 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.76-81 
ページ数
発行日 2021-02-22 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会