お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 14:25
CNTを混合した脂質二分子膜越しに流れる電流変動量の印加電圧依存性
平松大樹佐藤 陸平田はるか守屋雅隆電通大)・廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大CPM2020-71
抄録 (和) 脂質二分子膜は細胞膜の基本構造である.脂質二分子膜は内側が疎水性で外側が親水性であり,膜抵抗が非常に高く絶縁性であるという特徴がある.また,カーボンナノチューブ(CNT)は基本的には疎水性でナノスケールの孔を有している.そこで本研究では脂質二分子膜に CNT を混合することによって脂質二分子膜にナノスケールのイオンチャネルが形成されることを期待した.CNT を混合した脂質二分子膜(CNT 混合膜)と CNT を混合しない脂質二分子膜(プレーン膜)について膜越しに一定の直流電圧を印加した状態での電流値を測定し,電流値の変化を電流変動量とした.結果として CNT 混合膜でのみ印加電圧の絶対値を増加させると電流変動量の最大値は増加し,最小値は減少する傾向が得られた. 
(英) A bilayer lipid membranes (BLMs) is the basic structure of the cell membranes. The inside of BLMs is hydrophobic and the outside of that is hydrophilic. The resistance of BLMs is very high and BLMs is insulation. Carbon nanotubes (CNTs) are basically hydrophobic and have nanopore. In this study, we expected that nanoscale ion channels would be formed in the BLMs by mixing CNTs in BLM. We measured the current across BLMs mixed with CNTPs and without CNTPs as a constant DC voltage was applied through the BLMs and calculated current fluctuation. As a result, it was found only BLMs mixed with CNTPs that the maximum value increased and the minimum value decreased as the absolute value increased.
キーワード (和) 脂質二分子膜 / カーボンナノチューブ / イオン輸送 / / / / /  
(英) bilayer lipid membranes / Carbon nanotube / ion transport / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 408, CPM2020-71, pp. 59-61, 2021年3月.
資料番号 CPM2020-71 
発行日 2021-02-24 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2020-71

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手ミーティング 電子部品材料、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2021-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CNTを混合した脂質二分子膜越しに流れる電流変動量の印加電圧依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Voltage dependence of current fluctuation measured across bilayer lipid membranes mixed with carbon nanotubes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脂質二分子膜 / bilayer lipid membranes  
キーワード(2)(和/英) カーボンナノチューブ / Carbon nanotube  
キーワード(3)(和/英) イオン輸送 / ion transport  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 大樹 / Daiki Hiramatsu / ヒラマツ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 陸 / Riku Sato / サトウ リク
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 はるか / Haruka Hirata / ヒラタ ハルカ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守屋 雅隆 / Masataka Moriya / モリヤ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 愛弓 / Ayumi Hirano-Iwata / ヒラノ アユミ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水柿 義直 / Yoshinao Mizugaki / ミズガキ ヨシナオ
第7著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-03 14:25:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 CPM 
資料番号 CPM2020-71 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.59-61 
ページ数
発行日 2021-02-24 (CPM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会