お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-03 14:40
個別化医療のためのhERGチャネル薬物副作用センサの構築
渡辺恭也横田澪央加藤美生佐藤まどか但木大介小宮麻希山本英明東北大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大CPM2020-72
抄録 (和) 細胞膜でのイオン流入を制御するイオンチャネルは、生体情報伝達における重要な膜タンパク質である。心筋のK+チャネルであるhERGチャネルは、薬剤によって副作用的に阻害され不整脈などの異常を引き起こすことが知られている。本研究ではこのhERGチャネルに注目し、人工脂質膜にhERGチャネルを包埋した再構成系を用いて、薬物副作用センサの構築を目指した。今回はその結果と個別化医療への展開性について報告する。 
(英) Ion channels regulate ion permeation through cell membranes, of which function is very important to control bioelectric signals in vivo. The hERG channel, a potassium channel in cardiomyocites, has been reported to be inhibited by drugs, which sometimes causes lethal arrhythmia. In this study, we focused on evaluation of drug side-effects on the hERG channels based on a reconstitution system in which the hERG channel was embedded in an artificial bilayer lipid membrane (BLM).
キーワード (和) 半導体微細加工 / イオンチャネル / 脂質二分子膜 / 無細胞合成系 / 薬物副作用 / / /  
(英) Semiconductor microfabrication / Ion channel / Bilayer lipid membrane / Cell-free expression system / Drug side-effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 408, CPM2020-72, pp. 62-63, 2021年3月.
資料番号 CPM2020-72 
発行日 2021-02-24 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPM2020-72

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2021-03-03 - 2021-03-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手ミーティング 電子部品材料、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2021-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個別化医療のためのhERGチャネル薬物副作用センサの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A sensing system for drug side effects on hERG channels for personalized medicine. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 半導体微細加工 / Semiconductor microfabrication  
キーワード(2)(和/英) イオンチャネル / Ion channel  
キーワード(3)(和/英) 脂質二分子膜 / Bilayer lipid membrane  
キーワード(4)(和/英) 無細胞合成系 / Cell-free expression system  
キーワード(5)(和/英) 薬物副作用 / Drug side-effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 恭也 / Takaya Watanabe / ワタナベ タカヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 澪央 / Ryo Yokota / ヨコタ リョウ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 美生 / Miki Kato / カトウ ミキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 まどか / Madoka Sato / サトウ マドカ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 但木 大介 / Daisuke Tadaki / タダキ ダイスケ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小宮 麻希 / Maki Komiya / コミヤ マキ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 英明 / Hideaki Yamamoto / ヤマモト ヒデアキ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 庭野 道夫 / Michio Niwano / ニワノ ミチオ
第8著者 所属(和/英) 東北福祉大学 (略称: 東北福祉大)
Tohoku Fukushi Universiyu (略称: Tohoku Fukushi Univ)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 愛弓 / Ayumi Hirano / ヒラノ アユミ
第9著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-03 14:40:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CPM 
資料番号 CPM2020-72 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.62-63 
ページ数
発行日 2021-02-24 (CPM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会