お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-07-15 16:00
音声明瞭性を損なわない事を目的として発明されたマスクの音響特性
松﨑博季北海道科学大EA2021-10
抄録 (和) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により,その感染防止のため日常生活においてマスク着用が求められ,マスクを着用した状態での会話を強いられるようになった.マスクの素材として使用される布,紙やウレタンなどは音の振動を抑制して吸収するなどして,マスク着用時の発話音声の明瞭性を損なう可能性がある.発話音声の明瞭性の悪化は,発話内容の聞き直しを発生させ会話の流れを悪くする,あるいは一旦マスクを外して会話するという感染リスクを高める行為を引き起こすことにつながる.以上の問題の解決のため,マスクの本来の機能を維持し,かつマスクを着用したまま会話しても音声の明瞭性を損なわないとされる「音声明瞭通過マスク」が発明され,その特許出願が行われている.テレビ番組の企画として「音声明瞭通過マスク」の明瞭性を調べる機会が与えられたので,本マスクに加えて,一般的な不織布マスクあるいはフェイスシールドを通過する音を音響測定する実験を行った.実験結果より,フェイスシールドは約2 kHz,両マスクは4 kHz〜5 kHzよりも高域の成分を減衰させることが示された.「音声明瞭通過マスク」は不織布マスクよりもその減衰は大きかったが,3 kHz〜4 kHzの帯域の成分を強めることが示された. 
(英) Due to the epidemic of the new coronavirus infection (COVID-19), wearing a mask is required in daily life to prevent the infection, and it has become necessary to have a conversation while wearing the mask. Cloth, paper, urethane, etc. used as the material of the mask may suppress the vibration of the sound and absorb it, which may impair the clarity of the spoken voice when the mask is worn. Unclear voice not only interrupts smooth conversation by re-listening, but also increases the risk of infection by removing the mask and talking. In order to solve the above problems, a patent application has been filed for the invention of a "face mask clearly transmitting voice" that maintains the original function of the mask and does not impair the clarity of voice even when talking while wearing the mask. There was an opportunity to examine the speech clarity of sound passing through the "face mask clearly transmitting voice" in a TV program plan, and acoustic measurements of the sound passing through the "face mask clearly transmitting voice", a non-woven fabric mask and a face shield were performed. From the experiment results, it was shown that the face shield attenuates the components in the higher frequency range than about 2 kHz and both masks from 4 kHz to 5 kHz. It was also shown that the "face mask clearly transmitting voice" had a larger attenuation than the non-woven fabric mask, however, strengthened the components in the 3kHz to 4kHz band.
キーワード (和) マスク / フェイスシールド / 音声明瞭性 / 音響特性 / / / /  
(英) face mask / face shield / speech clarity / acoustic characteristics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 112, EA2021-10, pp. 47-52, 2021年7月.
資料番号 EA2021-10 
発行日 2021-07-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2021-10

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2021-07-15 - 2021-07-16 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,音声,音楽音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Speech, Musical Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2021-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声明瞭性を損なわない事を目的として発明されたマスクの音響特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic characteristics of a face mask invented for the purpose of not impairing speech clarity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マスク / face mask  
キーワード(2)(和/英) フェイスシールド / face shield  
キーワード(3)(和/英) 音声明瞭性 / speech clarity  
キーワード(4)(和/英) 音響特性 / acoustic characteristics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松﨑 博季 / Hiroki Matsuzaki / マツザキ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 北海道科学大学 (略称: 北海道科学大)
Hokkaido University of Science (略称: HUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-07-15 16:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2021-10 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数
発行日 2021-07-08 (EA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会