お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-07 14:25
[ポスター講演]FDTD法におけるRCSを用いた周辺地物モデル化手法の検討
埜々考平藤元美俊福井大)・山口 良豊見本和馬ソフトバンクAP2021-94
抄録 (和) 同一周波数 Full Duplex の実現には,約 110 dB の自己干渉除去が必要となり,移動体では実質的に不可能であるとされてきた.筆者らはこれまで車両通信における同一周波数 Full Duplex の実現に向けて,アンテナの設置位置や,周辺地物が送受信アンテナ間の結合に与える影響などを検討してきた. FDTD 法を用いた電磁界解析により周辺地物の影響を検討する場合には,周辺地物の精密なモデル化や周辺地物設置による使用メモリ量,計算時間の増加が問題になる.そのため本報告では,車などの周辺地物をレーダー断面積により簡略的にモデル化し,その妥当性と計算コスト削減効果を評価した.まず車の 26GHz 帯レーダー断面積から 3.9GHz における投影面積を計算し,その面積と等しい金属板を他車両の簡易モデルとした.自車両前方にこの簡易モデルを置いて解析を行った場合と,実際の車の大きさと等しい車両モデルを置いて解析を行った場合とを比較すると周波数特性は概ね一致した.また,簡易モデルを用いることによって,使用 CPU メモリ量は 26%,計算時間は 33%削減することができた. 
(英) To achieve single-frequency Full-Duplex communication, self-interference rejection of about 110 dB is required, which has been considered practically impossible for mobile devices. The authors have been investigating the effect of antenna location and surrounding structures on the coupling between the transmitting and receiving antennas in order to achieve the same frequency full duplex in vehicle communications. When investigating the influence of surrounding objects by electromagnetic field analysis using the FDTD method, the amount of memory used and the increase in calculation time due to the precise modeling of the surrounding structures and the installation of the surrounding objects become problems. Therefore, in this report, the surrounding objects such as cars are modeled simply by radar cross sections, and their validity and computational cost reduction effects are evaluated. First, the projected area at 3.9 GHz was calculated from the cross-sectional area of the car's 26 GHz radar, and a metal plate equal to that area was used as a simple model of the other car. When the analysis was performed with this simplified model in front of the vehicle, and when the analysis was performed with a vehicle model equal to the size of the actual vehicle, the frequency response was generally consistent. By using the simplified model, we were able to reduce the amount of CPU memory used by 26% and the computation time by 33%.
キーワード (和) 同一周波数Full Duplex / FDTD法 / 周辺地物 / レーダー断面積 / / / /  
(英) Single-Frequency Full-Duplex Communication / FDTD Method / Surrounding Objects / Radar cross-section / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 191, AP2021-94, pp. 102-103, 2021年10月.
資料番号 AP2021-94 
発行日 2021-09-30 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2021-94

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2021-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法におけるRCSを用いた周辺地物モデル化手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Modeling Method of Surrounding Objects with RCS in FDTD Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同一周波数Full Duplex / Single-Frequency Full-Duplex Communication  
キーワード(2)(和/英) FDTD法 / FDTD Method  
キーワード(3)(和/英) 周辺地物 / Surrounding Objects  
キーワード(4)(和/英) レーダー断面積 / Radar cross-section  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 埜々 考平 / Kohei Nono / ノノ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 良 / Ryo Yamaguchi / ヤマグチ リョウ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp. (略称: SB)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊見本 和馬 / Kazuma Tomimoto / トミモト カズマ
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp. (略称: SB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-07 14:25:00 
発表時間 75分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2021-94 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.191 
ページ範囲 pp.102-103 
ページ数
発行日 2021-09-30 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会