お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-22 13:50
電波暗号化変調へのLLRクリッピング適用による性能改善の検討
奥村 守浅野敬祐阿部拓実岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニックRCS2021-137
抄録 (和) 近年情報理論を用いて物理層を暗号化する物理層セキュリティ技術が注目されている.我々はこれまでその中の1つとして物理層秘匿性と通信路符号化効果を有するカオス変調を検討してきた.しかしガウス変調の一種であるカオス変調は,固定マッピングを用いず信号点間距離が一定ではないため,劣悪な通信路環境ではMax-log近似した対数尤度比(log-likelihood ratio: LLR)の精度が低下してしまうという問題があった.これにより既存手法ではターボ復号を行う際に誤り伝搬による特性の劣化が生じていた.そこで本稿では,LLRの信頼度を制限し誤り伝搬を抑圧するLLRクリッピング手法を,カオス変調に対し最適に適用できる新しいLLRクリッピング手法を提案する.これによりターボ復号の性能が向上し,提案手法が厳密なLLRを用いた場合と同等の性能を実現することを計算機シミュレーションにより示す. 
(英) In recent years, physical layer security technologies that encrypt the physical layer using information theory have attracted much attention. As one of them, we have proposed a chaos modulation that has both physical layer security and channel coding effects. However, the chaos modulation is a kind of Gaussian modulation, and has a problem that the accuracy of log-likelihood ratio (LLR) approximated by Max-log is degraded in worse channel environments, because it does not use a fixed constellation mapping and the distance between signal points is not constant. As a result, existing LLR calculation methods suffer from the performance degradation due to error propagation in turbo decoding. To tackle this problem, in this paper, we propose a new LLR clipping method that can be optimally applied to chaos modulation by limiting the confidence level of LLR and suppressing error propagation. This method improves the performance of turbo decoding. Numerical results show that the proposed method achieves the same performance as the one using the exact LLR.
キーワード (和) 電波暗号化変調 / カオス変調 / 物理層秘匿性 / LLRクリッピング / MIMO / / /  
(英) radio-wave encryption / chaos modulation / physical layer security / LLR clipping / multiple-input multiple-output / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 210, RCS2021-137, pp. 100-105, 2021年10月.
資料番号 RCS2021-137 
発行日 2021-10-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-137

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-10-21 - 2021-10-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波暗号化変調へのLLRクリッピング適用による性能改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Performance Improvement of Radio-Wave Encrypted Modulation by LLR Clipping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波暗号化変調 / radio-wave encryption  
キーワード(2)(和/英) カオス変調 / chaos modulation  
キーワード(3)(和/英) 物理層秘匿性 / physical layer security  
キーワード(4)(和/英) LLRクリッピング / LLR clipping  
キーワード(5)(和/英) MIMO / multiple-input multiple-output  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 守 / Mamoru Okumura / オクムラ マモル
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 敬祐 / Keisuke Asano / アサノ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 拓実 / Takumi Abe / アベ タクミ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto /
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Cooperation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-10-22 13:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2021-137 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.100-105 
ページ数
発行日 2021-10-14 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会