お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-05 13:50
Busy時間率を用いたバックオフ制御によるミリ波帯WBAN通信機会公平性改善手法
千田 司東北大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-56
抄録 (和) ミリ波帯 (60 GHz 帯) を用いた WBAN (Wireless Body Area Network) は WBAN 間の干渉問題を解決する手法として期待されている.ミリ波帯 WBAN では,電波の直進性や減衰特性により,各ユーザがそれぞれ干渉を受けるユーザ数(干渉数)に偏りが生じるため,通信機会の公平性が低下する.本稿では,WBAN内通信前に WBAN 間でCSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) によるキャリアセンスを行うとともに,Busy 時間の長さを用いた CW (Contention Window) 制御を行う通信機会公平化手法を提案する.まず,ミリ波とマイクロ波のWBAN 間干渉について調査を行い,ミリ波帯 WBAN 間における通信機会の不公平性について明らかにした.次に,提案した通信機会公平化手法について,総通信時間と Fairness index を用いた評価を計算機シミュレーションにて行った.その結果,総通信時間の低下を最低限に抑えつつ,WBAN 通信の公平性を大幅に向上させることが可能であることを示した. 
(英) Wireless Body Area Network (WBAN) using the millimeter-wave (mmW) band (60-GHz band) is expected to be one of the methods to solve the interference problem between WBANs. In mmW WBAN, the number of users who receive interference varies due to the linearity and attenuation characteristics of mmW. Thus, the fairness of communication opportunities is degraded. In this paper, we propose a Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA) based fairness communication opportunity method that uses the contention window (CW) controlled by using busy-time length before intra-WBAN communication. First, inter-WBAN interference in the case of microwaves or millimeter waves was investigated. This investigation showed the unfairness of communication opportunities in the case of mmW is larger than that of microwave. Next, we evaluated the proposed inter-WBAN interference avoidance method. As a result of evaluation of the communication time rate and fairness index by computer simulation, it is shown that the fairness of WBAN communication can be significantly improved with minimized degradation of the communication time rate.
キーワード (和) ミリ波 / CSMA/CA / WBAN 間干渉 / 人体ブロッキング / / / /  
(英) millimeter-wave / CSMA/CA / inter-WBAN interference / human body blocking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 227, SR2021-56, pp. 91-97, 2021年11月.
資料番号 SR2021-56 
発行日 2021-10-28 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2021-56

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2021-11-04 - 2021-11-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ソフトウェア無線、コグニティブ無線、周波数共用、一般 
テーマ(英) Software Defined Radio, Cognitive Radio, Spectrum Shareing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2021-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Busy時間率を用いたバックオフ制御によるミリ波帯WBAN通信機会公平性改善手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Millimeter-Wave WBAN Fairness Improvement Method by Back-off Control Using Busy-Time Ratio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / millimeter-wave  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) WBAN 間干渉 / inter-WBAN interference  
キーワード(4)(和/英) 人体ブロッキング / human body blocking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千田 司 / Tsukasa Chida / チダ ツカサ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-05 13:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2021-56 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.227 
ページ範囲 pp.91-97 
ページ数
発行日 2021-10-28 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会