お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-11 11:20
素子間隔制御型アダプティブアレーアンテナのSINR特性に関する一検討
石原 俊梅林健太東京農工大)・Antti Tölliオウル大RCS2021-160
抄録 (和) アダプティブアレーアンテナは固定された M 個のアンテナ素子で構成され,M 個の独立した重みを制御す ることにより最大で M - 1 波の干渉波を抑圧することができるとされている.一方で先行研究によると,2 素子アダプ ティブアレーアンテナにおいて重みに加えアンテナ素子間隔を新たな自由度として御することで 2 波以上の干渉波を抑 圧できることが確認された.これまで筆者らは,LOS (Line-of-Sight) 環境下での 2 素子の素子間隔制御型アダプティブ アレーアンテナに着目し,その出力 SINR(Signal to Noise plus Interference signal power Ratio) 特性をモデル化してき た.具体的には,希望波及び干渉波の到来方向が独立した一様分布に従い干渉波電力が等しいとき,最大素子間隔と干渉 波数を固定値に,入力 SNR(Signal to Noise power Ratio),入力 SIR (Signal to Interference signal power Ratio) を変 数として SINR の確率密度関数の一般化したモデルを導出した.本稿ではさらに干渉波数を変数として加えて出力 SINR 特性のモデル導出に取り組む.またコルモゴロフ・スミルノフ統計量及びカルバック・ライブラー情報量を用いてモデ ル化により導出した確率密度関数の妥当性を評価し,その有効性を示す.また,素子間隔固定型及び素子間隔制御型ア ダプティブアレーアンテナの性能の比較を,SNR,SIR,干渉波数,最大素子間隔をそれぞれ変化させたときのアウテー ジ確率によって評価し,素子間隔制御型がより少ないアンテナ本数で素子間隔固定型より高い性能を有することを示す. 
(英) This paper addresses the analysis of the performance of adaptive antenna array based on weight and antenna space control. It is well known that a typical adaptive antenna array with M fixed antennas (AAA-W) can cancel at most M − 1 interference signals. However, adaptive antenna array with two antennas based on weight and space control can cancel more than two interference signals. We were focusing on the modeling of probability density function (PDF) in terms of achieved SINR (Signal to Noise plus Interference signal power Ratio) while the maximum antenna space, SNR (Signal to Noise power Ratio), SIR (Signal to Interference signal power Ratio), and the number of interference signals are given and the direction of arrivals follows uniform distribution. In addition, we provided a model of the parameters in the PDF as a function of SIR and SNR. In this paper, we add the number of interference signals to the model of the parameters since this investigation can provide more general model. Numerical evaluations shows the validity of the distributions based on the proposed models with Kolmogorov-Smirnov statistic and Kullback-Leibler divergence. Moreover, the outage probability of the achieved SINR in case of AAA-WS and AAA-W are obtained in terms of the maximum antenna space, SNR, SIR, and the number of interference signals. The result shows that AAA-WS with two antennas can achieve better performance than AAA-W even with three antennas.
キーワード (和) アダプティブアレーアンテナ / 素子間隔制御 / SINR / カーブフィッティング / / / /  
(英) Adaptive antenna array / Antenna space control / SINR / Curve fitting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 234, RCS2021-160, pp. 92-97, 2021年11月.
資料番号 RCS2021-160 
発行日 2021-11-03 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-160

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2021-11-10 - 2021-11-12 
開催地(和) NBC別館(長崎) 
開催地(英) NBC-Bekkan (Nagasaki) 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-11-AP-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 素子間隔制御型アダプティブアレーアンテナのSINR特性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on SINR Characteristics of Adaptive Antenna Array based on Weight and Antenna Space Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレーアンテナ / Adaptive antenna array  
キーワード(2)(和/英) 素子間隔制御 / Antenna space control  
キーワード(3)(和/英) SINR / SINR  
キーワード(4)(和/英) カーブフィッティング / Curve fitting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 俊 / Shun Ishihara / イシハラ シュン
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi /
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Antti Tölli / Antti Tolli /
第3著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: UOO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-11-11 11:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2021-160 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.92-97 
ページ数
発行日 2021-11-03 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会