お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-01 09:45
FVFを応用したPSRR帯域拡張回路を搭載した脳波計測ウェアラブルデバイス向け低消費LDO
三井健司兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26
抄録 (和) 本稿では脳波計測ウェアラブルデバイス向けにフリップドボルテージフォロワ(FVF)を応用しPSRR(Power Supply Rejection Ratio)を向上させるための回路を搭載した低消費電流の低ドロップアウトレギュレータ(LDO)を提案する. 提案するLDOを0.18μmのCMOSプロセスを用いて設計し, 一般的な構成のLDOと比較して4kHzにおいて19dBのPSRRの改善を達成した. 
(英) This paper proposes a low quiescent current low-dropout regulator (LDO) with a flipped voltage follower (FVF)-based power supply rejection ratio (PSRR)-enhanced circuit. The proposed LDO was designed using a 0.18 μm CMOS process. The designed LDO achieved a PSRR that was improved by 19 dB at 4 kHz, compared with the general configuration with almost the same quiescent current.
キーワード (和) パワーマネジメント / 低ドロップアウトレギュレータ / 低消費電流 / フリップドボルテージフォロワ / / / /  
(英) Power management / Low-dropout regulator / Low quiescent current / Flipped voltage follower / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 277, VLD2021-18, pp. 7-12, 2021年12月.
資料番号 VLD2021-18 
発行日 2021-11-24 (VLD, ICD, DC, RECONF) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26

研究会情報
研究会 VLD DC RECONF ICD IPSJ-SLDM  
開催期間 2021-12-01 - 2021-12-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) デザインガイア2021 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2021 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2021-12-VLD-DC-RECONF-ICD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FVFを応用したPSRR帯域拡張回路を搭載した脳波計測ウェアラブルデバイス向け低消費LDO 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low quiescent current LDO with FVF based PSRR enhanced circuit for wearable EEG measurement devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パワーマネジメント / Power management  
キーワード(2)(和/英) 低ドロップアウトレギュレータ / Low-dropout regulator  
キーワード(3)(和/英) 低消費電流 / Low quiescent current  
キーワード(4)(和/英) フリップドボルテージフォロワ / Flipped voltage follower  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三井 健司 / Kenji Mii / ミイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼本 大輔 / Daisuke Kanemoto / カネモト ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 毎田 修 / Osamu Maida / マイダ オサム
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 哲也 / Tetsuya Hirose / ヒロセ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-12-01 09:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 VLD 
資料番号 VLD2021-18, ICD2021-28, DC2021-24, RECONF2021-26 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.277(VLD), no.278(ICD), no.279(DC), no.280(RECONF) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2021-11-24 (VLD, ICD, DC, RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会