お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-12 13:40
自動テスト生成を利用した自動プログラム修正出力パッチ分類の試み
藤本章良肥後芳樹柗本真佑楠本真二阪大)・安田和矢日立MSS2021-53 SS2021-40
抄録 (和) ソフトウェア開発において効率的なデバッグを行うため,自動でプログラムを修正するツールが数多く提案されている.自動プログラム修正ツールは,バグを含むプログラムとテストスイートを与えると,そのテストスイートを通過するようにプログラムを修正したパッチを出力する.しかし,与えられたテストスイートに過剰に適合した結果,完全にバグを修正しきれていない状態のパッチが出力される場合が多く,開発者によるパッチの確認が必要である.また自動プログラム修正ツールは,修正候補として複数のパッチを出力する場合があり,パッチ数が多い場合はそれらの確認に多大なコストを要する.そこで本研究では,パッチの確認コスト削減を目的とし,自動テスト生成技術を利用して,パッチを振る舞いごとにグループ化する手法を提案する.振る舞いが同じパッチのグループの中から1つのパッチを選択し確認することで,そのグループに含まれるパッチ全ての正誤を判断でき,目視によるパッチの確認回数を削減可能である.提案手法では,各パッチに対して自動テスト生成を行い,パッチと生成したテストを相互に実行し,この結果を用いて分類を行う.本稿では,提案手法の評価のため 1)確認すべきパッチ数の削減割合,2)正誤の異なるパッチの別グループへの分離可能性について調査を行なった.その結果,提案手法は確認すべきパッチ数を平均で90%削減し,調査対象とした41個の題材のうち,26個で分離に成功した. 
(英) (Not available yet)
キーワード (和) 自動プログラム修正 / パッチ評価 / 自動テスト生成 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 318, SS2021-40, pp. 124-129, 2022年1月.
資料番号 SS2021-40 
発行日 2022-01-04 (MSS, SS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード MSS2021-53 SS2021-40

研究会情報
研究会 SS MSS  
開催期間 2022-01-11 - 2022-01-12 
開催地(和) 長崎県建設総合会館 
開催地(英) Nagasakiken-Kensetsu-Sogo-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) システム数理と応用,ソフトウェアサイエンスおよび一般 
テーマ(英) Mathematical Systems Science and its Applications, Software Science, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2022-01-SS-MSS 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 自動テスト生成を利用した自動プログラム修正出力パッチ分類の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動プログラム修正 /  
キーワード(2)(和/英) パッチ評価 /  
キーワード(3)(和/英) 自動テスト生成 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 章良 / Akira Fujimoto / フジモト アキラ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 芳樹 / Yoshiki Higo / ヒゴ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柗本 真佑 / Shinsuke Matsumoto / マツモト シンスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠本 真二 / Shinji Kusumoto / クスモト シンジ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 和矢 / Kazuya Yasuda / ヤスダ カズヤ
第5著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-01-12 13:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SS 
資料番号 MSS2021-53, SS2021-40 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.317(MSS), no.318(SS) 
ページ範囲 pp.124-129 
ページ数
発行日 2022-01-04 (MSS, SS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会