お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-27 18:20
融雪を目的とした導波管スロットアンテナ用レドームの形状最適化
伊藤桂一飛沢瑠伽秋田高専)・丸山珠美中津川征士中村尚彦函館高専)・村本 充奈須野 裕苫小牧高専)・大島功三旭川高専)・山本綱之津山高専)・大宮 学北大)・玉山泰宏長岡技科大EST2021-78
抄録 (和) 近年,マイクロ波によってモルタルブロックを加熱する新しい融雪方式が注目されている.本研究では1スロットの導波管スロットアンテナを対象にして,モルタルブロックに見立てたレドームの形状設計を行い,融雪に適した形状を明らかにすることを目的とする.解析にはFDTD法(時間領域差分法)と熱伝導方程式(Heat Transport Equation: HTE)を組み合わせたFDTD-HTE法を用いた.砂モルタルの電気的性質をレドームに与えて解析を行い,レドーム形状とレドーム表面の温度分布の関係を明らかにした.また,トポロジー最適化を用いて形状設計を行い,融雪用レドームの理想形状について知見を得ることができた. 
(英) In recent years, a novel snowmelt method, heating mortar blocks by microwaves, has been attracted attention. The purpose of this study is to clarify the shape suitable for melting snow, and to design the shape of the radome assuming a mortar block for 1-slot waveguide slot antenna. The FDTD-HTE method, which is a combination of the FDTD method (Finite difference time domain method) and the heat transport equation (HTE), is used for the temperature analysis. The relationship between the radome shape and the temperature distribution on the radome surface is clarified under the condition that the electrical properties of the sand mortar are given to the radome. In addition, from the design results using the topology optimization, some findings are obtained about the ideal shape of the radome for snowmelt.
キーワード (和) マイクロ波加熱 / モルタルブロック / レドーム / FDTD-HTE法 / トポロジー最適化 / / /  
(英) Microwave heating / Mortar block / Radome / FDTD-HTE method / Topology optimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 358, EST2021-78, pp. 104-109, 2022年1月.
資料番号 EST2021-78 
発行日 2022-01-20 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2021-78

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2022-01-27 - 2022-01-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2022-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 融雪を目的とした導波管スロットアンテナ用レドームの形状最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shape Optimization of Radome for Waveguide Slot Antenna Aimed at Melting Snow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波加熱 / Microwave heating  
キーワード(2)(和/英) モルタルブロック / Mortar block  
キーワード(3)(和/英) レドーム / Radome  
キーワード(4)(和/英) FDTD-HTE法 / FDTD-HTE method  
キーワード(5)(和/英) トポロジー最適化 / Topology optimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 桂一 / Keiichi Itoh / イトウ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飛沢 瑠伽 / Ruka Tobisawa / トビサワ ルカ
第2著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 珠美 / Tamami Maruyama / マルヤマ タマミ
第3著者 所属(和/英) 函館工業高等専門学校 (略称: 函館高専)
National Institute of Technology, Hakodate College (略称: NIT, Hakodate)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中津川 征士 / Masashi Nakatsugawa / ナカツガワ マサシ
第4著者 所属(和/英) 函館工業高等専門学校 (略称: 函館高専)
National Institute of Technology, Hakodate College (略称: NIT, Hakodate)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 尚彦 / Takahiko Nakamura / ナカムラ タカヒコ
第5著者 所属(和/英) 函館工業高等専門学校 (略称: 函館高専)
National Institute of Technology, Hakodate College (略称: NIT, Hakodate)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村本 充 / Mitsuru Muramoto / ムラモト ミツル
第6著者 所属(和/英) 苫小牧工業高等専門学校 (略称: 苫小牧高専)
National Institute of Technology, Tomakomai College (略称: NIT, Tomakomai)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 奈須野 裕 / Yutaka Nasuno / ナスノ ユタカ
第7著者 所属(和/英) 苫小牧工業高等専門学校 (略称: 苫小牧高専)
National Institute of Technology, Tomakomai College (略称: NIT, Tomakomai)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 功三 / Kohzoh Ohshima / オオシマ コウゾウ
第8著者 所属(和/英) 旭川工業高等専門学校 (略称: 旭川高専)
National Institute of Technology, Asahikawa College (略称: NIT, Asahikawa)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 綱之 / Tsunayuki Yamamoto / ヤマモト ツナユキ
第9著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校 (略称: 津山高専)
National Institute of Technology, Tsuyama College (略称: NIT, Tsuyama)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 大宮 学 / Manabu Omiya / オオミヤ マナブ
第10著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉山 泰宏 / Yasuhiro Tamayama / タマヤマ ヤスヒロ
第11著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-01-27 18:20:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 EST 
資料番号 EST2021-78 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.358 
ページ範囲 pp.104-109 
ページ数
発行日 2022-01-20 (EST) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会