お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-28 12:10
ラプラシアン行列の固有値を用いた特異な脳構造を持つ被験者の検出に向けた一検討
大石悠貴谷口豊明瀬川絵里子作元雄輔関西学院大CQ2021-93
抄録 (和) 脳の複雑な振舞いを理解するために,神経細胞の集合体を一つの要素とし,それらの間のコネクトーム(相互接続の有無や強さ)に着目したマクロスケールでの分析が行われている.マクロスケールでのコネクトームの分析は,特異なコネクトームを有する被験者(例えば,精神疾患を有する被験者)の検出に役立てられることが期待されている.本稿では,ソーシャルネットワークや通信ネットワークの異常を検出することを可能とする LAD (Laplacian Anomaly Detection) に基づいて,特異なコネクトームを有する被験者を検出する手法を検討する.また,コネクトームの実データを用いた実験を通じて,LAD に基づく検出手法の有効性を評価する. 
(英) In order to understand the complex behavior of brains, many works have analyzed macroscale connectomes between the aggregation of nerve cells in the brain. The analysis of macroscale connectomes would be useful in detecting subjects (e.g., subjects with psychiatric disorders) with a unique connectome. In this paper, we discuss a method for detecting subjects with a unique connectome based on LAD (Laplacian Anomaly Detection), which have been used to detect anomalies in social. networks and communication networks. In addition, through experiments using actual connectome data, we evaluate the accuracy of the method based on LAD.
キーワード (和) ネットワーク分析 / スペクトラルグラフ理論 / ラプラシアン行列 / 異常検出 / 脳コネクトーム / / /  
(英) Network Analysis / Spectral Graph Theory / Laplacian Matrix / Anomaly Detection / Brain Connectome / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 357, CQ2021-93, pp. 94-99, 2022年1月.
資料番号 CQ2021-93 
発行日 2022-01-20 (CQ) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2021-93

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2022-01-27 - 2022-01-28 
開催地(和) 金沢(石川県) 
開催地(英) Kanazawa(Ishikawa Pref.) 
テーマ(和) AR/VR,放送サービス,映像/音声サービスの品質,高臨場感,ユーザ行動/心理,ユーザ体験,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,機械学習,ビデオコミュニケーション,一般 
テーマ(英) AR/VR, Broadcasting Service, Video/Voice Services Quality, High Realistic, User Behavior/Psychology, User Experience, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, Video Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2022-01-CQ-CBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラプラシアン行列の固有値を用いた特異な脳構造を持つ被験者の検出に向けた一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Detection of Subjects with Unique Brain Structures Using Eigenvalues of Laplacian Matrices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク分析 / Network Analysis  
キーワード(2)(和/英) スペクトラルグラフ理論 / Spectral Graph Theory  
キーワード(3)(和/英) ラプラシアン行列 / Laplacian Matrix  
キーワード(4)(和/英) 異常検出 / Anomaly Detection  
キーワード(5)(和/英) 脳コネクトーム / Brain Connectome  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 悠貴 / Ohisi Yuki / オオイ シユウキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 豊明 / Taniguchi Toyoaki / タニグチ トヨアキ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬川 絵里子 / Segawa Eriko / セガワ エリコ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 作元 雄輔 / Sakumoto Yusuke / サクモト ユウスケ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-01-28 12:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2021-93 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.357 
ページ範囲 pp.94-99 
ページ数
発行日 2022-01-20 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会