お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:55
実時間自動点字変換を介するテキストDAISY図書閲覧の実用化に関する検討 ~ 学習場面を想定した改善とその評価 ~
宮城愛美筑波技大)・長岡英司筑波技大/日本点字図書館)・澤村潤一郎日本点字図書館)・鈴木義則ケージーエスWIT2021-44
抄録 (和) 視覚障害者の読書機会の拡大を目指して,アクセシブルな電子書籍であり,かつ,比較的短時間で作成可能なテキストDAISYの,より有効な活用に着目した。近年の多機能点字ディスプレイ装置には,DAISY再生機能と実時間自動点字変換機能が備わっており,テキストDAISYの音声読み上げと,逐次の点字表示が可能である。先行研究で現行の点字変換・表示機能の実用性を調査した結果,可読性や操作性についての問題点が明らかになった。本稿では,それらの問題点を改善する方策の有効性を,学習場面を想定して評価する実験を行った結果を報告する。 
(英) With the aim of improving the possibilities of access to books by the visually impaired, we focused on the taking advantage of text DAISY, which is an accessible e-book and can be produced relatively short time. The recent multifunctional Braille display devices are equipped with a DAISY playback function and a real-time automatic Braille conversion function, which enables the users to read a text DAISY through both voice output and Braille display. As the result of our investigation on practicality of the Braille conversion function currently used, problems with readability and operability were clarified. In this paper, we report the results of an experiment to evaluate the effectiveness of measures to improve these problems under assuming a learning situation,.
キーワード (和) 視覚障害 / テキストDAISY / 点字ディスプレイ装置 / 実時間自動点字変換 / 学習資料 / / /  
(英) Visual Impairment / Text DAISY / Braille Display Device / Real-Time Automatic Braille Conversion / Learning Materials / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 418, WIT2021-44, pp. 7-11, 2022年3月.
資料番号 WIT2021-44 
発行日 2022-03-01 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2021-44

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2022-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実時間自動点字変換を介するテキストDAISY図書閲覧の実用化に関する検討 
サブタイトル(和) 学習場面を想定した改善とその評価 
タイトル(英) Discussion on Practical Realization of Text-DAISY Book Browsing through Real-Time Automatic Braille Conversion 
サブタイトル(英) Improvements and their evaluations assuming learning situations 
キーワード(1)(和/英) 視覚障害 / Visual Impairment  
キーワード(2)(和/英) テキストDAISY / Text DAISY  
キーワード(3)(和/英) 点字ディスプレイ装置 / Braille Display Device  
キーワード(4)(和/英) 実時間自動点字変換 / Real-Time Automatic Braille Conversion  
キーワード(5)(和/英) 学習資料 / Learning Materials  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 愛美 / Manabi Miyagi / ミヤギ マナビ
第1著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: NTUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 英司 / Hideji Nagaoka / ナガオカ ヒデジ
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学/社会福祉法人 日本点字図書館 (略称: 筑波技大/日本点字図書館)
Tsukuba University of Technology/The Japan Braille Library (略称: NTUT/)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤村 潤一郎 / Junichihro Sawamura / サワムラ ジュンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 社会福祉法人 日本点字図書館 (略称: 日本点字図書館)
The Japan Braille Library (略称: The Japan Braille Library)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義則 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) ケージーエス株式会社 (略称: ケージーエス)
KGS CORPORATION (略称: KGS CORPORATION)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-03-08 09:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2021-44 
巻番号(vol) vol.121 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数
発行日 2022-03-01 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会