お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-16 10:35
電波暗号化変調方式の無線伝送実験による特性評価
森 祐樹浅野敬祐岡本英二名工大RCS2022-44
抄録 (和) 近年,通信の秘匿性を強化することが重要視されており,我々は物理層秘匿性と通信路符号化効果を両立したカオス変調を検討してきた.また,カオス変調の有効性を計算機シミュレーションによる伝送評価や有線通信実験による実証により示してきた.しかし,これまで無線伝送実験が行われておらず,カオス変調の無線伝送の有効性が実証されていなかった.そこで本稿では,ソフトウェア無線機を用いて無線伝送実験を行い,カオス変調と同じ伝送効率を有するbinary phase-shift keying(BPSK)に対して,ビット誤り率が10^(-4)の時に約0.7 dBの利得が得られていることを示す. 
(英) In recent years, it has become important to enhance the confidentiality of communications, and we have proposed a chaos modulation, which achieves physical layer security and channel coding effects. Subsequently, the effectiveness of chaos modulation has been demonstrated through transmission evaluations using numerical simulations and wired communication experiments. However, until now, wireless transmission experiments have not been conducted, and the effectiveness of chaos modulation for wireless transmission has not been demonstrated yet. Therefore, in this paper, we conduct wireless transmission experiments using a software radio and show that a gain of about 0.7 dB is obtained for binary phase-shift keying (BPSK), which has the same transmission efficiency as chaos modulation, when the bit error rate is 10^(-4).
キーワード (和) 物理層秘匿性 / カオス変調 / 無線伝送実験 / ソフトウェア無線機 / / / /  
(英) physical layer security / chaos modulation / wireless transmission experiment / software-defined radio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 73, RCS2022-44, pp. 120-125, 2022年6月.
資料番号 RCS2022-44 
発行日 2022-06-08 (RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2022-44

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2022-06-15 - 2022-06-17 
開催地(和) 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催 
開催地(英) University of the Ryukyus, Senbaru Campus and online 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2022-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波暗号化変調方式の無線伝送実験による特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Radio-Wave Encrypted Modulation Method by Wireless Transmission Experiments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理層秘匿性 / physical layer security  
キーワード(2)(和/英) カオス変調 / chaos modulation  
キーワード(3)(和/英) 無線伝送実験 / wireless transmission experiment  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア無線機 / software-defined radio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 祐樹 / Yuki Mori / モリ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 敬祐 / Keisuke Asano / アサノ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-16 10:35:00 
発表時間 10分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2022-44 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.73 
ページ範囲 pp.120-125 
ページ数
発行日 2022-06-08 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会