お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-06-17 13:25
教師視点を導入した人工学級ゲームの設計の試み
尾形龍門近藤秀憲新潟大)・谷 賢太朗神蔵貴久新潟医療福祉大)・赤塚 匠ラネクシー)・田中恒彦山﨑達也前田義信新潟大CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13
抄録 (和) いじめは自殺の原因になるなど深刻な社会問題で,教育学,医学,社会学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.我々はいじめ問題を解決するために工学的観点から人工学級ゲームの設計を試みている.人工学級ゲームとは,エージェントのみで構成される“仮想敵な学級”に ヒトプレイヤが 生徒として参加し,友人関係を築いていくというものである.本研究では,その人工学級ゲームに生徒としてではなく,教師として参加することで エージェント同士が友人関係を築いていく様子を観察するゲームの設計を試みた.このゲームをプレイすることで,教師がいじめ問題解決・早期発見するために役立つ学習用ソフトウェアの設計を目指す. 
(英) Bullying is a serious social problem that causes suicide, and many attempts have been made to solve it from various fields such as education, medicine, and sociology. We have tried to design an artificial school class game from an engineering point of view to solve the bullying problem. In the artificial school class game, the player participates as a student in a "virtual class" consisting only of other “student agents”, and try to make friends with those by means of changing its values such as hobbies and tastes, etc. In this study, we attempted to design another type of artificial school class game that observes as a teacher how student agents build friendships. We aim to design the “learning software” that helps teachers solve and detect bullying problems at an early stage.
キーワード (和) いじめ / 教師 / 相互作用 / 人工学級 / / / /  
(英) Bullying / Teacher / Interaction / Artificial school class / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 75, CAS2022-13, pp. 67-71, 2022年6月.
資料番号 CAS2022-13 
発行日 2022-06-09 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13

研究会情報
研究会 CAS SIP VLD MSS  
開催期間 2022-06-16 - 2022-06-17 
開催地(和) 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール) 
開催地(英) Hachinohe Institute of Technology 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2022-06-CAS-SIP-VLD-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 教師視点を導入した人工学級ゲームの設計の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Attempt to Design an Artificial School Class Game That Introduces a Teacher's Perspective 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) いじめ / Bullying  
キーワード(2)(和/英) 教師 / Teacher  
キーワード(3)(和/英) 相互作用 / Interaction  
キーワード(4)(和/英) 人工学級 / Artificial school class  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 龍門 / Ryuto Ogata / オガタ リュウト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 秀憲 / Hidenori Kondo / コンドウ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 賢太朗 / Kentaro Tani / タニ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟医療福祉大学 (略称: 新潟医療福祉大)
Niigata University of Health and Welfare (略称: Niigata University of Health and Welfare)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神蔵 貴久 / Takahisa Kamikura / カミクラ タカヒサ
第4著者 所属(和/英) 新潟医療福祉大学 (略称: 新潟医療福祉大)
Niigata University of Health and Welfare (略称: Niigata University of Health and Welfare)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤塚 匠 / Takumi Akatsuka / タクミ アカツカ
第5著者 所属(和/英) 株式会社ラネクシー (略称: ラネクシー)
Rounexy Corporation (略称: Rounexy Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 恒彦 / Tsunehiko Tanaka / タナカ ツネヒコ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 達也 / Tatsuya Yamazaki / ヤマザキ タツヤ
第7著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第8著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-06-17 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2022-13, VLD2022-13, SIP2022-44, MSS2022-13 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.75(CAS), no.76(VLD), no.77(SIP), no.78(MSS) 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数
発行日 2022-06-09 (CAS, VLD, SIP, MSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会