お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-15 14:30
人流データを活用したミリ波通信の遮蔽予測
中條宏郁藤井威生電通大SR2022-42
抄録 (和) ミリ波通信は広い周波数帯域幅を利用して高速大容量通信を実現しているが,見通し環境を突発的に塞いでしまうような移動体による遮蔽に対して脆弱であり,通信の信頼性の担保が重要な課題であるため様々な議論がなされている.本稿では,遮蔽の主な原因である歩行者の将来の状態を,ある空間における通行量や密度といった人流の時系列データを用いて予測を行う.また,都市空間設計で用いられている歩行者モデルに人流の予測値を与えることで,その空間における平均歩行速度を算出する.さらに,遮蔽発生の定義を第1フレネルゾーン内に遮蔽体が存在する状態とし,上記の情報をもとに空間における遮蔽継続時間の時系列データの予測値を求める.本稿では,上記の手法を人体遮蔽実験および計算機シミュレーションより評価する.実験では人流の予測は行わず,見通し環境において歩行者より遮蔽を発生させた時系列データから得られる真の遮蔽継続時間と,歩行者モデル及びフレネルゾーンより導出する遮蔽継続時間の予測精度の評価を行う.計算機シミュレーションでは,一般に開放されている人流のオー プンデータを利用した時系列予測を行い,人流の予測誤差が遮蔽継続時間の予測精度へ与える影響を明らかにする. 
(英) Thanks to the high bandwidth available at millimeter-wave (mmWave), mmWave communications support high data rates and large traffic volumes.However, mmWave communications are vulnerable to sudden blockage of the line-of-sight environment.Various discussions have been held on this issue because ensuring communication reliability is an important issue.In this paper, we predict the future state of pedestrians, the main cause of the blockage, utilizing time-series data of people flow, such as pedestrian flow and density, in a certain space.The average walking speed in the space is calculated by giving the predicted values of people flow to a pedestrian model used in urban space design.Furthermore, we define the occurrence of blockage as the existence of a person in the first Fresnel zone, and based on the above information, we calculate the estimated value of the time-series data of the duration of the blockage in the space. In this paper, we evaluate the above methods via human blockage experimental measurements and computer simulations.The estimation accuracy of the true duration of blockage obtained from the experimental measurements and that derived from the pedestrian model and the first Fresnel zone are evaluated.In the computer simulation, open data of people flow is utilized to predict the time series, and the effect of the prediction error of the people flow on the estimation accuracy of the duration of the blockage is clarified.
キーワード (和) ミリ波通信 / 遮蔽予測 / 人流データ / 歩行者 / / / /  
(英) Millimeter-wave communications / blockage prediction / people flow data / pedestrians / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 107, SR2022-42, pp. 96-103, 2022年7月.
資料番号 SR2022-42 
発行日 2022-07-06 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2022-42

研究会情報
研究会 NS SR RCS SeMI RCC  
開催期間 2022-07-13 - 2022-07-15 
開催地(和) 金沢歌劇座 + オンライン開催 
開催地(英) The Kanazawa Theatre + Online 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M(Machine-to-Machine),D2D(Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Distributed Wireless Network, M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2022-07-NS-SR-RCS-SeMI-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人流データを活用したミリ波通信の遮蔽予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blockage prediction for millimeter-wave communications based on people flow data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波通信 / Millimeter-wave communications  
キーワード(2)(和/英) 遮蔽予測 / blockage prediction  
キーワード(3)(和/英) 人流データ / people flow data  
キーワード(4)(和/英) 歩行者 / pedestrians  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 宏郁 / Hirofumi Nakajo / ナカジョウ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-15 14:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SR 
資料番号 SR2022-42 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.107 
ページ範囲 pp.96-103 
ページ数
発行日 2022-07-06 (SR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会