お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-28 09:25
宇宙-空-地上統合ネットワークにおける高高度プラットフォームによる双方向中継伝送の高効率化に向けた送信電力制御に関する検討
高橋昌希川本雄一加藤 寧東北大SAT2022-21
抄録 (和) 近年,宇宙空間および空中から通信環境を広範囲に提供可能な宇宙-空-地上統合ネットワーク(SAGIN: Space-Air-Ground Integrated Network)の構築に向けた研究開発が進展している.衛星及び高高度プラットフォーム(HAPS: High-Altitude Platform Station)等の飛翔体が多層的に接続されるSAGINでは,飛翔体を中継基地局として活用することで衛星と地上端末間の双方向通信における通信品質の向上が期待される.しかし,SAGINでの飛翔体を用いた双方向中継伝送において,現行ではリンク毎に飛翔体の配分可能な総送信電力が固定という前提での検討に留まっているため,HAPSでの両リンクに対する送信電力配分を同一に維持した状態では,アップ/ダウンリンクを使用する地上端末における通信需要の地理的分布によって通信要求を満足する地上端末数の割合が大きく異なるという課題がある.本稿では,低軌道衛星,HAPS及び地上端末群で構成するSAGINにおける双方向中継伝送を効率化するために,アップ/ダウンリンクを使用する各地上端末群における通信要求の地理的分布に応じてHAPSでの両リンクに対する送信電力配分を統合的に制御可能な数理モデルを提案する. 
(英) Space-air-ground integrated networks (SAGINs) are going to be a key technology of 6G for achieving the goal of global and ubiquitous coverage. SAGIN is a multi-layered integrated network of satellites and aerial objects such as high-altitude platform stations (HAPS) and ground terminals (GTs). HAPs act as a relay between satellites and GTs to improve the quality of communication. The existing works on full-duplex relay transmission in SAGINs considered fixed uplink and downlink transmission power by flying objects. The fixed uplink and downlink transmission power for all satellites and GTs at HAPs can lead to a higher number of unsatisfied GTs due to loss in transmission at satellites and GTs owing to mobility and different locations. Therefore, in this paper, we propose a mathematical model that enables integrated control to distribute the transmission power of HAPS at both links according to the diverse communication requirements from each GT at different locations. The performance of the proposed approach is evaluated using numerical analysis and shows that our proposed model can improve the efficiency of two-way relay transmission in SAGINs.
キーワード (和) 宇宙-空-地上統合ネットワーク / 高高度プラットフォーム / 双方向中継伝送 / 送信電力制御 / / / /  
(英) Space-Air-Ground Integrated Network / High-Altitude Platform Station / Two-way Relay Communication / Transmission Power Control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 137, SAT2022-21, pp. 24-29, 2022年7月.
資料番号 SAT2022-21 
発行日 2022-07-20 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2022-21

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2022-07-27 - 2022-07-29 
開催地(和) 旭川市大雪クリスタルホール 
開催地(英) Asahikawa Taisetsu Crystal Hall 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2022-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 宇宙-空-地上統合ネットワークにおける高高度プラットフォームによる双方向中継伝送の高効率化に向けた送信電力制御に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Transmission Power Control for Efficient Two-Way Relay Communication with High-Altitude Platform Station in Space-Air-Ground Integrated Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 宇宙-空-地上統合ネットワーク / Space-Air-Ground Integrated Network  
キーワード(2)(和/英) 高高度プラットフォーム / High-Altitude Platform Station  
キーワード(3)(和/英) 双方向中継伝送 / Two-way Relay Communication  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Transmission Power Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 昌希 / Masaki Takahashi / タカハシ マサキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 雄一 / Yuichi Kawamoto / カワモト ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 寧 / Nei Kato / カトウ ネイ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-07-28 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2022-21 
巻番号(vol) 122 
号番号(no) no.137 
ページ範囲 pp.24-29 
ページ数
発行日 2022-07-20 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会