お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 山田 寛喜 (新潟大)
副委員長 藤元 美俊 (福井大)
幹事 道下 尚文 (防衛大), 紀平 一成 (三菱電機)
幹事補佐 村上 友規 (NTT)

宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE) [schedule] [select]
専門委員長 森山 敏文 (長崎大)
副委員長 田中 真 (東海大), 網嶋 武 (明治大)
幹事 北村 尭之 (三菱電機), 二ッ森 俊一 (電子航法研)
幹事補佐 尚 方 (電通大)

衛星通信研究会(SAT) [schedule] [select]
専門委員長 井家上 哲史 (明大)
副委員長 亀井 雅 (NHK), 加保 貴奈 (湘南工科大)
幹事 阿部 順一 (NTT), 大倉 拓也 (NICT)
幹事補佐 流田 理一郎 (KDDI総合研究所), 小泉 雄貴 (NHK)

日時 2022年 7月27日(水) 09:25 - 17:55
2022年 7月28日(木) 09:25 - 17:55
2022年 7月29日(金) 09:25 - 16:20
議題 リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
会場名 旭川市大雪クリスタルホール 
住所 〒070‐8003 北海道旭川市神楽3条7丁目
交通案内 旭川駅南口西側出入り口から徒歩10分
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/329/348/357/d054744.html
会場世話人
連絡先
旭川高専 大島 功三
0166-69-2000 (会場)
他の共催 ◆IEEE AES Society Japan Chapter, IEEE AP-S Tokyo Chapter共催
お知らせ ◎【聴講参加者の方へ】当日、現地での現金受付は行いませんので、事前に支払手続きを完了してください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(AP研究会, SANE研究会, SAT研究会)についてはこちらをご覧ください.

7月27日(水) 午前  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「無線技術の将来を拓く多様な電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:本間 尚樹 (岩手大))
座長: 本間 尚樹(岩手大)
09:25 - 10:40
(1)
A・P
09:25-09:50 [依頼講演]深層学習を用いた降雨減衰推定法の研究 AP2022-34 小枩谷勇二今井哲朗東京電機大)・廣瀬 幸九工大
(2)
A・P
09:50-10:15 [依頼講演]列車運行制御用途の無線システムにおける都市圏直線区間の電波伝搬特性 AP2022-35 栗田いずみ北野隆康中村一城鉄道総研
(3)
A・P
10:15-10:40 [依頼講演]RNNによる環境情報を用いた受信電力予測 AP2022-36 佐々木元晴澁谷尚希河村憲一久野伸晃猪又 稔山田 渉守山貴庸NTT
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
7月27日(水) 午前  SAT研 特別講演
座長: 井家上 哲史(明治大)
10:50 - 11:40
(4)
SAT
10:50-11:40 [特別講演]MADOCAを用いたPPPの紹介と利用に向けた検討 SAT2022-17 山田英輝小暮 聡JAXA
  11:40-12:40 休憩 ( 60分 )
7月27日(水) 午後  A・P/SANE/SAT研 合同セッション
座長: 渡邉 卓磨(FSI)
12:40 - 13:55
(5)
共通
12:40-13:05 PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類に関する検討 AP2022-37 SANE2022-22 SAT2022-18 鈴木雄大山田寛喜佐藤亮一新潟大
(6)
共通
13:05-13:30 防災行政無線の利用によるQZSS(準天頂衛星システム)の災害急性期利用構想 SANE2022-26 嶋津恵子都立産技大)・濵下宙千都立大)・湯浅廣之横浜国大
(7)
共通
13:30-13:55 NGSO衛星搭載フェーズドアレーアンテナの放射特性に関する考察 AP2022-39 SANE2022-24 SAT2022-20 中澤 進松原元樹木村州志中道史保子田中祥次正源和義放送衛星システム)・滝山潤一宇宙技術開発
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
7月27日(水) 午後  A・P研
座長: 牧野 滋(金沢工大)
14:05 - 14:55
(8)
A・P
14:05-14:30 双方向指向性を有する2周波共用金属カバー付アンテナ AP2022-40 宮坂拓弥坂本寛明牧村英俊西本研悟西岡泰弘稲沢良夫三菱電機
(9)
A・P
14:30-14:55 Haloアンテナを用いた直交偏波無指向性アンテナの広帯域化に関する検討 AP2022-41 水谷智一道下尚文防衛大)・佐藤 浩小柳芳雄PSNRD)・森下 久防衛大
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
7月27日(水) 午後  A・P研
座長: 齋藤 健太郎(東京電機大)
15:05 - 15:55
(10)
A・P
15:05-15:30 UWB無線システムにおけるPN相関法に2D-FOCUSSを用いた伝搬遅延時間・到来方向推定 ~ マルチパス環境における信号源位置推定性能の改善 ~ AP2022-42 片岡研人東海理化)・菊間信良名工大)・大石佳樹古池竜也古賀健一東海理化)・榊原久二男杉本義喜名工大
(11)
A・P
15:30-15:55 Time Reversal Algorithm Position Estimation of Cylindrical Target/s Using Direct Path and Multipath Cross-correlation AP2022-43 Hanns Christian Jaurigue ChuaKeizo ChoHiroaki NakabayashiKoji SuizuChiba Inst. of Tech
  15:55-16:05 休憩 ( 10分 )
7月27日(水) 午後  SANE研
座長: 高橋 善樹(三菱電機)
16:05 - 16:55
(12)
SANE
16:05-16:30 MADOCAによる移動体測位の性能改善 SANE2022-25 浪江宏宗阿部伊織アウン ミン カン正岡 瞭防衛大
(13)
SANE
16:30-16:55 小型衛星搭載の展開式並列給電スロットアレーアンテナによる高分解能、広域なSAR観測の検討 AP2022-38 SANE2022-23 SAT2022-19 齋藤宏文早大/東工大)・石村厚生早大)・廣川二郎東工大
  16:55-17:05 休憩 ( 10分 )
7月27日(水) 午後  SANE研 特別講演
座長: 二ッ森 俊一 (電子航法研)
17:05 - 17:55
(14)
SANE
17:05-17:55 [特別講演]ワイヤレス電力伝送実証衛星Wi SAT SANE2022-27 山本隼也上田滉也川原大毅黒岩俊太郎阪公立大)・一瀬彩栄笹岡佑全永田光来西尾圭太湧川大聖高本凌平林 絹子阪府大)・島崎乃斗夏関西大
7月28日(木) 午前  SAT研
座長: 阿部 順一(NTT)
09:25 - 10:15
(15)
SAT
09:25-09:50 宇宙-空-地上統合ネットワークにおける高高度プラットフォームによる双方向中継伝送の高効率化に向けた送信電力制御に関する検討 SAT2022-21 高橋昌希川本雄一加藤 寧東北大
(16)
SAT
09:50-10:15 宇宙-空-地上統合ネットワークを構成する高高度プラットフォームにおける干渉抑制のためのヌル形成制御に関する検討 SAT2022-22 大河原佑斗川本雄一加藤 寧東北大
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
7月28日(木) 午前  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「無線技術の将来を拓く多様な電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:本間 尚樹 (岩手大))
座長: 金 ミンソク(新潟大)
10:25 - 11:40
(17)
A・P
10:25-10:50 [依頼講演]マイクロ波生体センシングにおけるバイタルサイン誤差要因の電波伝搬的解釈 AP2022-44 本間尚樹村田健太郎小林宏一郎岩井守生岩手大
(18)
A・P
10:50-11:15 [依頼講演]市街地マクロセルアクセス環境における24/60 GHz帯多重波クラスタ生成メカニズム AP2022-45 鈴木直也塚田 響高橋莉玖金 ミンソク新潟大
(19)
A・P
11:15-11:40 [依頼講演]寄生アンテナを用いた空洞共振無線電力伝送における伝送効率推定法 AP2022-46 瀧谷慧斗村田健太郎本間尚樹岩手大
  11:40-12:40 休憩 ( 60分 )
7月28日(木) 午後  A・P/SANE/SAT研 合同セッション
座長: 加保 貴奈(湘南工科大)
12:40 - 13:55
(20)
共通
12:40-13:05 地中レーダによる多層構造異物解析のためのCSI法を用いた高精度レーダ画像化法 AP2022-47 SANE2022-28 SAT2022-23 山内啓宏木寺正平電通大
(21)
共通
13:05-13:30 航空機監視信号の到来角推定に関する初期的実験 AP2022-48 SANE2022-29 SAT2022-24 長縄潤一宮崎裕己北折 潤古賀 禎田嶋裕久電子航法研
(22)
共通
13:30-13:55 無人航空機によるNR Sidelinkを用いた災害時の車車間通信における送信所要時間低減に関する一考察 AP2022-49 SANE2022-30 SAT2022-25 山崎 凜川本雄一加藤 寧東北大
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
7月28日(木) 午後  A・P研
座長: 山口 良(ソフトバンク)
14:05 - 14:55
(23)
A・P
14:05-14:30 運用制約を考慮した送信アレーアンテナ校正手法に関する一検討 AP2022-50 松木 誠田中 泰紀平一成高橋 徹稲沢良夫三菱電機
(24)
A・P
14:30-14:55 FDTD法を用いたV2V通信の解析 AP2022-51 有山直樹有馬卓司東京農工大)・山口 良豊見本和馬ソフトバンク
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
7月28日(木) 午後  A・P研
座長: 松野 宏己(KDDI総合研究所)
15:05 - 15:55
(25)
A・P
15:05-15:30 多重波伝搬を用いたパッシブ型屋内測位法の性能評価 AP2022-52 池上十五金 ミンソク新潟大
(26)
A・P
15:30-15:55 Millimeter Wave Vehicular Communication: From Channel Sounding to Standardization AP2022-53 Aniruddha ChandraNIT)・Minseok KimAnirban GhoshNiigata Univ.)・Jan. M. KelnerMilitary Univ. Tech.)・Ales ProkesBrno Univ. Tech.)・David G. MichelsonUBC
  15:55-16:05 休憩 ( 10分 )
7月28日(木) 午後  A・P研 チュートリアル講演
座長: 山田 寛喜(新潟大)
16:05 - 16:55
(27)
A・P
16:05-16:55 [チュートリアル講演]端末アンテナ設計技術 AP2022-54 山ヶ城尚志富士通
  16:55-17:05 休憩 ( 10分 )
7月28日(木) 午後  IEEE AP-S Tokyo Chapter 特別講演
座長: 石井 望(新潟大)
17:05 - 17:55
(28) 17:05-17:55 [特別講演]アンテナ研究30年を振り返って
○森下 久(防衛大)
7月29日(金) 午前  SANE研
座長: 北村 尭之(三菱電機)
09:25 - 10:15
(29)
SANE
09:25-09:50 Foldy-Lax方程式に基づく多重散乱を考慮したレーダ画像の模擬 SANE2022-31 渡邉卓磨FSI
(30)
SANE
09:50-10:15 直接波と海面反射波の関係性を用いた電波送信源のパッシブ測距方式 SANE2022-32 高橋善樹高橋龍平影目 聡三菱電機
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
7月29日(金) 午前  A・P研
座長: 本田 和博(富山大)
10:25 - 11:40
(31)
A・P
10:25-10:50 静電磁界中のポインティングベクトルについて AP2022-55 唐沢好男
(32)
A・P
10:50-11:15 非接触褥瘡検出システムの開発 ~ ウェーブレット変換による大きさ検知 ~ AP2022-56 浅野佑介高橋応明千葉大
(33)
A・P
11:15-11:40 室内環境における空間選択性変調方式の秘密伝送性能の評価 AP2022-57 與縄洋斗森嶋佑香岩井誠人衣斐信介同志社大
  11:40-12:40 休憩 ( 60分 )
7月29日(金) 午後  A・P研
座長: 塩見 英久(阪大)
12:40 - 13:55
(34)
A・P
12:40-13:05 低損失で通過位相を変化可能なホイヘンス・メタサーフェスレンズの等価回路パラメータに関する一検討 AP2022-58 石田茉利彩長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・ホンナラ タナン佐々木隆吉チャイホンサ ワランカナ佐藤啓介大島一郎電気興業)・中林寛暁千葉工大
(35)
A・P
13:05-13:30 無給電素子とブリッジ素子を用いた多素子の平板逆Fアンテナのデカップリング手法に関する研究 AP2022-59 フン クァン クァン道下尚文防衛大)・佐藤 浩小柳芳雄パナソニック)・森下 久防衛大
(36)
A・P
13:30-13:55 ミリ波帯(30~300 GHz)回転反射鏡を用いた屋内アンテナ測定 AP2022-60 山口 良保前俊稀豊見本和馬宮下真行矢吹 歩ソフトバンク
  13:55-14:05 休憩 ( 10分 )
7月29日(金) 午後  SAT研
座長: 大倉 拓也(NICT)
14:05 - 14:55
(37)
SAT
14:05-14:30 LDM方式を適用した衛星放送システムの検討 ~ Injection levelに応じたUL信号の復号手法の評価 ~ SAT2022-26 小泉雄貴亀井 雅NHK
(38)
SAT
14:30-14:55 次世代光データ中継衛星システムに適した通信路符号化手法の検討 SAT2022-27 岡本英二山下裕真名工大)・佐藤洋平中台光洋板橋孝昌山川史郎JAXA
  14:55-15:05 休憩 ( 10分 )
7月29日(金) 午後  A・P研 電波伝搬オーガナイズドセッション 「無線技術の将来を拓く多様な電波伝搬の研究」 (オーガナイザ:本間 尚樹 (岩手大))
座長: 岩井 誠人(同志社大)
15:05 - 16:20
(39)
A・P
15:05-15:30 [依頼講演]市街地マイクロセル環境における2-300GHz帯伝搬損失特性 AP2022-61 猪又 稔山田 渉久野伸晃佐々木元晴NTT)・中村光貴北尾光司郎富永貴大須山 聡NTTドコモ
(40)
A・P
15:30-15:55 [依頼講演]屋内環境における160 GHz帯および300 GHz帯マルチパス波の測定 AP2022-62 中村光貴須山 聡北尾光司郎富永貴大NTTドコモ)・猪又 稔山田 渉久野伸晃佐々木元晴NTT
(41)
A・P
15:55-16:20 [依頼講演]パス数を制御可能なMassive MIMO OTA評価 AP2022-63 本田和博北村理央富山大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 50 分
特別講演発表 50 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 紀平 一成(三菱電機)
E-: _-cry 
SANE 宇宙・航行エレクトロニクス研究会(SANE)   [今後の予定はこちら]
問合先 二ッ森 俊一(電子航法研)
TEL: 0422-41-3174
E-: mpat

北村 尭之(三菱電機)
TEL: 0467-41-2155
E-: KiTadcMibiElectc 
お知らせ ◎新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンライン開催に変更となる可能性があります。最新情報は当研究会ホームページも併せてごらんください。
SAT 衛星通信研究会(SAT)   [今後の予定はこちら]
問合先 SAT研究会幹事:t_-c
渋谷 惠美 (KDDI総合研究所)
大倉 拓也 (NICT)
五藤 大介 (NTT)
小泉 雄貴 (NHK) 


Last modified: 2022-07-28 09:21:49


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [SANE研究会のスケジュールに戻る]   /   [SAT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会