お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-07-29 16:25
高粘度非ニュートン液体のピコリットル液滴化
美谷周二朗東大)・石田 聡日本ペイントコーポレートソリューションズ)・酒井啓司東大US2022-28
抄録 (和) 直径30 µm程度の微小液滴を空中に任意のタイミングで高い再現性をもって生成することのできるインクジェット技術を,液体の物性計測に応用するため,高粘度の液体や非ニュートン性の液体をも液滴化できるオンデマンド型の液滴射出機構の開発を行った.高粘度液体に関しては,インクジェットプリンタで用いられるインクが3 mPa・s程度であるのに対して,およそ200 mPa・sのグリセリン水溶液の液滴化に成功した.また、非ニュートン性の液体として市販の塗料を液滴化することにも成功した. 
(英) A novel device for fabricating picoliter droplets has been developed that can be made highly viscous liquids into droplets about 30 micrometers in diameter. Using this device, we can generate droplets of aqueous solution of glycerin with the viscosity of about 200 mPa・s, which is 10 times that of commercially available printer ink. In addition, we succeeded in generation of droplets of paint which is a non-Newtonian liquid.
キーワード (和) 微小液滴 / インクジェット / 粘性 / 非ニュートン / / / /  
(英) Micro Droplet / Inkjet Technique / Liquid Viscosity / Non-Newtonian Liquid / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 141, US2022-28, pp. 40-43, 2022年7月.
資料番号 US2022-28 
発行日 2022-07-22 (US) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2022-28

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2022-07-29 - 2022-07-29 
開催地(和) 九州大学 筑紫キャンパス 
開催地(英) Kyushu Univ. (Chikushi Campus) 
テーマ(和) 物性,超音波一般 (共催:日本レオロジー学会ナノオロジー研究会) 
テーマ(英) Material characterization, Ultrasonics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2022-07-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高粘度非ニュートン液体のピコリットル液滴化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of picoliter droplet of non-Newtonian viscous liquid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 微小液滴 / Micro Droplet  
キーワード(2)(和/英) インクジェット / Inkjet Technique  
キーワード(3)(和/英) 粘性 / Liquid Viscosity  
キーワード(4)(和/英) 非ニュートン / Non-Newtonian Liquid  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 美谷 周二朗 / Shujiro Mitani / ミタニ シュウジロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 聡 / Satoshi Ishida / イシダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本ペイントコーポレートソリューションズ (略称: 日本ペイントコーポレートソリューションズ)
Nippon Paint Corporate Solutions Co., Ltd. (略称: Nippon Paint Corporate Solutions)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 啓司 / Keiji Sakai / サカイ ケイジ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-07-29 16:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2022-28 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.141 
ページ範囲 pp.40-43 
ページ数
発行日 2022-07-22 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会