お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-10-19 09:30
[ポスター講演]圧縮センシングによる到来角度・距離の二次元推定における距離推定の性能改善
原 一真岩井誠人衣斐信介同志社大AP2022-111
抄録 (和) マルチパスフェージング環境において,フェージングの相関距離を超える遠方地点の受信信号を推定する遠地点受信信号推定が検討されている.この推定を実現するためには,マルチパスフェージングを構成する各到来波の複素振幅と波源位置を推定する必要がある.2次元平面上で考えると,波源位置推定は到来角度・距離の二次元推定となる.この推定に対して我々は,圧縮センシングの一つであるFISTAを用いた到来波の複素振幅・波源位置推定法を検討している.しかしながら,既存のFISTAアルゴリズムをそのまま用いると,到来波の到来距離に起因する減衰の影響により,遠方の波源の推定距離誤差が増加し,さらに波源検出そのものが困難となる.これを改善するために,FISTA処理中の軟判定閾値関数の閾値を波源距離に応じて減少させる方法を検討した.この方法により,特に,二次元推定における距離推定精度の改善を実現した. 
(英) In a multipath fading environment, a technique to estimate received signal at remote location has been studied. By the technique, received signal at a distant point beyond the correlation distance of the fading can be estimated. To realize the estimation, it is necessary to estimate the complex amplitude and source location of the multiple arriving multipath waves. For this estimation, we adopted the FISTA algorithm which is one of the compressed sensing techniques. However, by the existing FISTA, the distance estimation error of the arriving wave coming from distant sources increases because of the attenuation caused by the path length of the arriving waves. As the result, the wave source detection itself becomes difficult. To improve the estimation performance, we propose a method of decreasing the threshold value of the soft decision threshold function in the FISTA process in proportion to the distance of the wave source. This method has resulted in improved accuracy, especially in the distance estimation.
キーワード (和) 圧縮センシング / FISTA / 遠地点受信信号推定 / 到来波推定 / マルチパスフェージング / / /  
(英) Compressed sensing / FISTA / Estimation of received signal / Estimation of arriving waves / Multipath fading / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 214, AP2022-111, pp. 78-79, 2022年10月.
資料番号 AP2022-111 
発行日 2022-10-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2022-111

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2022-10-19 - 2022-10-20 
開催地(和) 岐阜市文化センター 
開催地(英) GIFU CITY CULTURE CENTER 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2022-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングによる到来角度・距離の二次元推定における距離推定の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Distance Direction in Two-Dimensional Estimation of Arriving Angle and Distance by Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 圧縮センシング / Compressed sensing  
キーワード(2)(和/英) FISTA / FISTA  
キーワード(3)(和/英) 遠地点受信信号推定 / Estimation of received signal  
キーワード(4)(和/英) 到来波推定 / Estimation of arriving waves  
キーワード(5)(和/英) マルチパスフェージング / Multipath fading  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 一真 / Kazuma Hara / ハラ カズマ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-10-19 09:30:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2022-111 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.78-79 
ページ数
発行日 2022-10-12 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会