お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-08 11:25
波長分散制御を用いた高周波帯移行におけるマルチデータ集約技術の検討
牧野将之辻 知樹阪大)・西岡隼也中村誠希赤松孝俊小西良明鈴木巨生三菱電機)・小西 毅阪大PN2022-29
抄録 (和) これまでに光パルスの波長分散制御によるMHz帯の低周波領域からBeyond-5Gで想定されるミリ波・テラヘルツ波帯の高周波領域への移行技術を提案している.5G以降のユースケースを考慮すると,マルチユーザーからのデータアグリゲーション(集約)が必要となり,我々の提案する技術で得られる高周波信号のバースト性は同時に搬送される複数の信号の時分割多重化による集約に適している.本研究では,低周波領域で生成した複数の信号の高周波領域でのデータ集約をシミュレーションにより検討した.またデータ集約の機能確認実験を行った. 
(英) We have proposed a frequency band migration technology from the low-frequency of the MHz band to the high-frequency of the millimeter-wave and terahertz-wave bands envisioned in Beyond-5G by controlling the chromatic dispersion of optical pulses. Use cases after 5G will require data aggregation from multiple users, and the high-frequency burst signals obtained by our proposed technology is suitable for data aggregation of multiple signals carried simultaneously by time division multiplexing. In this study, we examined data aggregation of multiple signals in the high-frequency domain in simulation. Moreover, we had an experiment to confirm the effectiveness of data aggregation.
キーワード (和) データ集約 / 時間圧縮 / 高周波任意波形発生 / 波長分散効果 / / / /  
(英) Data aggregation / Time-compressing / High-frequency arbitrary waveform generation / Chromatic dispersion effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 242, PN2022-29, pp. 44-47, 2022年11月.
資料番号 PN2022-29 
発行日 2022-10-31 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2022-29

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2022-11-07 - 2022-11-08 
開催地(和) 高知城歴史博物館 
開催地(英)  
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2022-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長分散制御を用いた高周波帯移行におけるマルチデータ集約技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data aggregation technique for high-frequency band migration using chromatic dispersion control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データ集約 / Data aggregation  
キーワード(2)(和/英) 時間圧縮 / Time-compressing  
キーワード(3)(和/英) 高周波任意波形発生 / High-frequency arbitrary waveform generation  
キーワード(4)(和/英) 波長分散効果 / Chromatic dispersion effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 将之 / Masayuki Makino / マキノ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 知樹 / Tomoki Tsuji / ツジ トモキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 隼也 / Junya Nishioka / ニシオカ ジュンヤ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 誠希 / Seiki Nakamura / ナカムラ セイキ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤松 孝俊 / Takatoshi Akamatsu / アカマツ タカトシ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 良明 / Yoshiaki Konishi / コニシ ヨシアキ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 巨生 / Naoki Suzuki / スズキ ナオキ
第7著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 毅 / Tsuyoshi Konishi / コニシ ツヨシ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-08 11:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2022-29 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.44-47 
ページ数
発行日 2022-10-31 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会