お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-17 09:30
自律型Intelligent Reflecting Surfaceを用いた無線通信システムと量子コンピューティングによるリソース割当方法に関する一検討 ~ 複数通信事業者によるIRSの共用 ~
大山貴博PSNRD)・川本雄一加藤 寧東北大RCS2022-174
抄録 (和) 第6世代移動通信システムにおけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(Intelligent Reflecting Surface)が注目されている.IRSにおける位相シフトの設計には,全素子に対するチャネル情報の取得が必要であるが,オーバーヘッドの観点から現実的ではない.また,複数の通信事業者がIRSを共用して通信を行う場合,特定の事業者に合わせて位相シフトを設定すると,他の事業者に悪影響を及ぼす可能性がある.筆者らは,これらの課題を解決する,自律型IRSを用いた無線通信システムを提案している.また,提案システムにおける無線リソース割当最適化を量子コンピューティングで実現するための定式化を行い,単一事業者環境での提案手法の有効性を既に明らかにしている.本報告では,複数の通信事業者がIRSを共用する環境における提案手法の有効性を,計算機シミュレーションの結果を用いて示す. 
(英) Intelligent reflecting surface (IRS), which enables control of propagation characteristics, has attracted attention as a technology that can greatly improve energy use efficiency in 6th generation mobile communication systems. In order to design the phase shift for each reflective element of IRS, it is necessary to obtain the channel information for all elements. However, this process is not realistic because the overhead is too large. In addition, when multiple carriers share an IRS for communication, setting the phase shift according to a specific carrier may have a negative impact on other carriers. We have proposed a wireless communication system using standalone IRS to solve these problems. We have also already proposed a method to achieve wireless resource allocation optimization in the proposed system using quantum computing. Furthermore, we have already demonstrated the effectiveness of the proposed method in a single-carrier environment. In this report, we show the effectiveness of the proposed method in an environment where IRS is shared by multiple carriers, using the results of computer simulations.
キーワード (和) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / 自律型IRS / リソース割当 / 量子コンピューティング / / / /  
(英) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / Standalone IRS / Resource Allocation / Quantum Computing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 252, RCS2022-174, pp. 112-117, 2022年11月.
資料番号 RCS2022-174 
発行日 2022-11-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2022-174

研究会情報
研究会 RCS AP UWT  
開催期間 2022-11-15 - 2022-11-17 
開催地(和) 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催 
開催地(英) Kyushu University, and Online 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2022-11-RCS-AP-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律型Intelligent Reflecting Surfaceを用いた無線通信システムと量子コンピューティングによるリソース割当方法に関する一検討 
サブタイトル(和) 複数通信事業者によるIRSの共用 
タイトル(英) A Study on Wireless Communication System Using Standalone Intelligent Reflecting Surface and Resource Allocation Method by Quantum Computing 
サブタイトル(英) Shared use of IRS by multiple carriers 
キーワード(1)(和/英) Intelligent Reflecting Surface (IRS) / Intelligent Reflecting Surface (IRS)  
キーワード(2)(和/英) 自律型IRS / Standalone IRS  
キーワード(3)(和/英) リソース割当 / Resource Allocation  
キーワード(4)(和/英) 量子コンピューティング / Quantum Computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 貴博 / Takahiro Ohyama / オオヤマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) パナソニック システムネットワークス開発研究所 (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PSNRD)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 雄一 / Yuichi Kawamoto / カワモト ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 寧 / Nei Kato / カトウ ネイ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-17 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2022-174 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.112-117 
ページ数
発行日 2022-11-08 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会