お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-18 11:10
集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナの通過位相の測定および調整方法
山本伸一阿戸弘人関 竜哉西岡泰弘三菱電機EMT2022-64
抄録 (和) 近年、70m級の大型反射鏡アンテナの代替として、複数台の32m級の中型の反射鏡アンテナをアレー状に配置して用いることが検討されている。文献では、受信系の信号処理による位相調整が想定されているが、送信アンテナとして用いる場合には、各反射鏡アンテナの通過位相を既知としておき補正する必要がある。ここで想定するアンテナ規模では、多くの場合、集束ビーム給電系を有しており、集束ビーム給電系は送受信機からの伝搬経路長が長く、アンテナごとの個体差が大きい。そのため、本稿では集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナの放射位相を調整するため、同反射鏡アンテナの通過位相測定の方法を提案する。主鏡中央のセンターホールに反射板を設置し、一次放射器ホーンでの反射位相を測定し、その1/2を通過位相とする方法である。計算値および簡易モデルによる実測を検証し、有効性を確認した。さらに、実際の集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナにおいて反射位相を測定したところ、AZ回転に伴い位相が変動する現象が観測されたため、原因を分析し報告する。 
(英) In recent years, the use of multiple 32-m class medium-sized reflector antennas arranged in an array configuration has been considered as an alternative to 70-m class large reflector antennas. In the literature, it is assumed that the phase is adjusted by signal processing in the receiving system, but when used as a transmitting antenna, it is necessary to know the passing phase of each reflector antenna and correct it. In many cases, the scale of antennas assumed here has a beam waveguide system. The beam waveguide feeding system has a long propagation path length from the transmitter or receiver, and there are large individual differences among antennas. Therefore, to adjust the radiation phase of reflector antennas with a beam waveguide feeding system, this paper proposes a method for measuring the transmission phase of the reflector antennas. A reflected plate is placed in the center hole at the center of the primary reflector, and the reflection phase at the primary radiator horn is measured and half of it is used as the transmission phase. The proposed method was verified by actual measurements using calculated values and a simplified model. Furthermore, when the reflection phase was measured in a reflector antenna with an actual beam waveguide feeding system, a phenomenon that the phase fluctuated with AZ rotation was observed.
キーワード (和) 反射鏡アンテナ / 集束ビーム給電系 / 通過位相 / 測定 / / / /  
(英) Reflector antenna / Beam waveguide feeds / Transmission phase / Measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 256, EMT2022-64, pp. 111-116, 2022年11月.
資料番号 EMT2022-64 
発行日 2022-11-10 (EMT) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2022-64

研究会情報
研究会 EMT IEE-EMT  
開催期間 2022-11-17 - 2022-11-19 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 電磁界理論一般 
テーマ(英) Electromagnetic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2022-11-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナの通過位相の測定および調整方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase measurement and adjustment of reflector antenna with beam waveguide feeds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反射鏡アンテナ / Reflector antenna  
キーワード(2)(和/英) 集束ビーム給電系 / Beam waveguide feeds  
キーワード(3)(和/英) 通過位相 / Transmission phase  
キーワード(4)(和/英) 測定 / Measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 伸一 / Shin-ichi Yamamoto / ヤマモト シンイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿戸 弘人 / Hiroto Ado / アド ヒロト
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 竜哉 / Ryuya Seki / セキ リュウヤ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 泰弘 / Yasuhiro Nishioka / ニシオカ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-18 11:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMT 
資料番号 EMT2022-64 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数
発行日 2022-11-10 (EMT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会