お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-26 14:35
量的表現を伴わない「量」を含む文の解釈における知覚的手がかりとグループ化の効果
安田哲也東大)・小林春美東電機大TL2022-19
抄録 (和) 「私の研究室には,お金持ちな学生がいます」という文は,何人がお金持ちかは明示していないが、研究室(i.e., グループ)に所属している学生全員(all)がお金持ち,あるいは学生数人だけ(some)がお金持ち,のいずれの解釈にもなりうる.本研究では,指示されている対象の属性(色やグルーピング)を操作し,「鞄を持っている人がいます」という文を用い,量を判断するような課題を行なった.グループ化の要因については、人物が着ているコスチュームにより示した。その結果,知覚的手がかりよる情報性は含意解釈にあまり寄与せず,同じグループ等,各グループが比較しやすいと判断できる場合に含意解釈を行う可能性があることが示唆された。 
(英) The sentence "There are rich students in our laboratory" may not specify how many are rich, but can be interpreted either as all (ALL) or only a few (SOME) of the students belonging to the laboratory (i.e., group) are rich. In this study, we manipulated the attributes (color and grouping) of the objects and used the sentence "There are people who have bags" to ask the participants the task of judging quantity. A factor of grouping (groups) was manipulated by types of costumes. The results were that 1) informativeness due to perceptual cues may not contribute much to the interpretation of the implicature. 2) The participants tended to choose the card as some implicature when the card consisted of the groups of same costumes. The study suggested that when each group can be judged to be easily comparable, the interpretations were guided by Grice’s maxims.
キーワード (和) 量の判断 / 暗黙的情報 / 含意 / グループ化 / / / /  
(英) Scalar Implicature / Implicit Information / Grouping / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 281, TL2022-19, pp. 6-10, 2022年11月.
資料番号 TL2022-19 
発行日 2022-11-19 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2022-19

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2022-11-26 - 2022-11-27 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英) Yamagata University 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Language Processing and Language Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2022-11-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量的表現を伴わない「量」を含む文の解釈における知覚的手がかりとグループ化の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interpretations of Sentences without Expression of quantity in Effects of Perceptual Information and Grouping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量の判断 / Scalar Implicature  
キーワード(2)(和/英) 暗黙的情報 / Implicit Information  
キーワード(3)(和/英) 含意 / Grouping  
キーワード(4)(和/英) グループ化 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 哲也 / Tetsuya Yasuda / ヤスダ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春美 / Harumi Kobayashi / コバヤシ ハルミ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-26 14:35:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 TL 
資料番号 TL2022-19 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.281 
ページ範囲 pp.6-10 
ページ数
発行日 2022-11-19 (TL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会