お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-11-29 15:00
MHz域における骨の圧電性の部位依存性
前原渓吾服部大志鈴山英寿松川真美同志社大US2022-47
抄録 (和) LIPUSによる難治性骨折治療では,多くの臨床結果が報告されている.しかし,超音波が骨の治癒を促進するメカニズムの初期過程はまだ解明されていない.考えられるメカニズムの1つが,超音波などの高周波の応力を骨に加えたときに起こる圧電現象である.これまで,我々のグループはMHz帯の骨の圧電特性を定量的に評価するために,ウシの皮質骨を用いて超音波トランスデューサ(骨トランスデューサ)を作製し,超音波照射によって生じる骨中電位を実験的に検討してきた.本研究では,骨中の超音波誘発電位の詳細な分布を実験的に検討し,骨中の音速やハイドロキシアパタイトの配向と比較したので報告する. 
(英) Many clinical results have been reported in the treatment of refractory fractures with LIPUS. However, the initial mechanism of the bone healing by ultrasound has not yet been elucidated. One possible mechanism is the piezoelectric phenomenon that occurs when high-frequency stresses such as ultrasound are applied to the bone. To quantitatively evaluate the piezoelectric properties of bone in the MHz range, our group has fabricated ultrasonic transducers (bone transducers) using bovine cortical bones and experimentally examined the induced potentials in bone by ultrasound irradiation. In this study, we report our experimental study on the distribution of ultrasound-induced potentials in a bone specimen and discuss the ultrasonic wave velocity and orientation of hydroxyapatite in bone.
キーワード (和) 皮質骨 / 超音波縦波音速 / ハイドロキシアパタイト / トランスデューサ / 圧電効果 / / /  
(英) Cortical bone / Longitudinal wave velocity / Hydroxyapatite / Transducer / Piezoelectric effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 289, US2022-47, pp. 21-24, 2022年11月.
資料番号 US2022-47 
発行日 2022-11-22 (US) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2022-47

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2022-11-29 - 2022-11-29 
開催地(和) 大学コンソーシアム富山 
開催地(英) Consortium of universities in toyama 
テーマ(和) 超音波一般 
テーマ(英) Ultrasonics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2022-11-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MHz域における骨の圧電性の部位依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Site dependence of bone piezoelectricity in the MHz range 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 皮質骨 / Cortical bone  
キーワード(2)(和/英) 超音波縦波音速 / Longitudinal wave velocity  
キーワード(3)(和/英) ハイドロキシアパタイト / Hydroxyapatite  
キーワード(4)(和/英) トランスデューサ / Transducer  
キーワード(5)(和/英) 圧電効果 / Piezoelectric effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 渓吾 / Keigo Maehara / マエハラ ケイゴ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 大志 / Taishi Hattori / ハットリ タイシ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴山 英寿 / Hidehisa Suzuyama / スズヤマ ヒデヒサ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-11-29 15:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2022-47 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数
発行日 2022-11-22 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会