お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-07 13:25
異なるリバブレーションチャンバ(RC)設備を持った試験所間比較と、RC法とALSE法の比較分析
貝山光雄デンソーEMCES)・井上竜也パナソニック インダストリー)・荒井篤志トーキンEMCエンジニアリング)・岡元裕則KEC関西電子工業振興センター)・鵜生高徳デンソーEMCESEMCJ2022-67
抄録 (和) 近年設備導入が進んでいる車載機器EMC評価用のリバブレーションチャンバ(RC)法(ISO11452-11)用機器の特性評価を,同じ条件で設備の異なる複数のEMC試験所にて行った.その結果,RCのサイズやスターラー形状が異なっていてもストレス特性は類似することがわかった.また,従来規格である放射イミュニティ評価法のアンテナ照射法(ISO11452-2)との比較結果および,RCの電磁界解析との比較結果を報告する. 
(英) The characteristics of equipment for the reverberation chamber (RC) method (ISO 11452-11) for EMC evaluation of in-vehicle equipment, which is being introduced, were evaluated under the same conditions at several EMC laboratories with different equipment. As a result, it was found that the stress characteristics were similar even though the size and stirrer shape of the RC were different. In addition, comparison results with the antenna irradiation method (ISO11452-2), which is a conventional standard radiated immunity evaluation method, and with electromagnetic field analysis of RCs are also reported.
キーワード (和) EMC / ラウンドロビンテスト / 試験所間相関 / リバブレーションチャンバ / ISO 11452-11 / / /  
(英) EMC / RRT / ILC / Reverberation chamber / ISO 11452-11 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 296, EMCJ2022-67, pp. 23-28, 2022年12月.
資料番号 EMCJ2022-67 
発行日 2022-11-30 (EMCJ) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2022-67

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC IEE-SPC  
開催期間 2022-12-07 - 2022-12-07 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 半導体電力変換,自然・人工雑音,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2022-12-EMCJ-EMC-SPC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なるリバブレーションチャンバ(RC)設備を持った試験所間比較と、RC法とALSE法の比較分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of laboratories with different reverberation chamber (RC) facilities and comparative analysis of RC and ALSE methods 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EMC / EMC  
キーワード(2)(和/英) ラウンドロビンテスト / RRT  
キーワード(3)(和/英) 試験所間相関 / ILC  
キーワード(4)(和/英) リバブレーションチャンバ / Reverberation chamber  
キーワード(5)(和/英) ISO 11452-11 / ISO 11452-11  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 貝山 光雄 / Mitsuo Kaiyama / カイヤマ ミツオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソーEMCエンジニアリングサービス (略称: デンソーEMCES)
DENSO EMC ENGINEERING SERVICE CORPORATION (略称: DENSO EMCES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 竜也 / Tatsuya Inoue / イノウエ タツヤ
第2著者 所属(和/英) パナソニック インダストリー株式会社 (略称: パナソニック インダストリー)
Panasonic Industry Co,, Ltd. (略称: Panasonic Industry)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 篤志 / Atsushi Arai / アライ アツシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社トーキンEMCエンジニアリング (略称: トーキンEMCエンジニアリング)
TOKIN EMC Engineering Co.,Lid. (略称: Tokin EMC Eng.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡元 裕則 / Hironori Okamoto / オカモト ヒロノリ
第4著者 所属(和/英) 一般社団法人KEC関西電子工業振興センター (略称: KEC関西電子工業振興センター)
KEC Electronic Industry Development Center (略称: KEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜生 高徳 / Takanori Unou / ウノウ タカノリ
第5著者 所属(和/英) 株式会社デンソーEMCエンジニアリングサービス (略称: デンソーEMCES)
DENSO EMC ENGINEERING SERVICE CORPORATION (略称: DENSO EMCES)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-07 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2022-67 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数
発行日 2022-11-30 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会