お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-15 13:05
UHF帯における電波天文受信機のための広帯域超伝導ペンタバンド帯域通過フィルタ
良知颯太作間啓太山梨大)・赤堀卓也国立天文台)・關谷尚人山梨大MW2022-131
抄録 (和) 国立天文台の水沢VLBI観測所ではUHF帯域での広帯域電波観測を行う要望がある.しかし,電波干渉となるRFI(Radio frequency Interference)が存在するため連続した広帯域な電波観測は難しい.そこで空いている帯域(0.7, 1.4, 1.6, 2.1, 2.7 GHz)を束ねて観測できる超伝導ペンタバンド帯域通過フィルタ(PB-BPF)を開発した.すべての帯域の外部Q値を1本の共通した給電線だけで個別に調整する給電方法を考案し,電界結合と磁界結合それぞれによる給電を可能にしたことで,より高密度に基板内のスペースにBPFを並べられるようにした.すべての帯域(7~10段)で良好な周波数特性をもつフィルタの設計に成功し,作製した小型PB-BPFは低損失かつ急峻な遮断特性を有しており,RFIの問題に対して有効な解決策となることが示された. 
(英) Mizusawa VLBI Observatory of the National Astronomical Observatory of Japan (NAOJ) has been requested to conduct broadband radio observations in the UHF band. However, continuous broadband observation is difficult because of radio frequency interferences (RFI). Therefore, we have developed a superconducting penta-band bandpass filter (PB-BPF) that can observe the several RFI-free bands (0.7, 1.4, 1.6, 2.1, and 2.7 GHz). We devised a feeding method in which the external quality factors of all passbands are individually adjusted with only one common feed line. Because the desired external quality factor can be obtained by electric and magnetic field coupling, BPFs can be placed in spaces within the substrate at higher densities. We succeeded in designing a filter with good frequency response in all bands (7 to 10 poles), and the fabricated compact PB-BPF has low loss and steep cutoff characteristics. It was shown to be an effective solution for the RFI problem.
キーワード (和) 高温超伝導 / ペンタバンド帯域通過フィルタ / 電波天文 / / / / /  
(英) high-temperature superconductor / penta-band bandpass filter / radio astronomy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 313, MW2022-131, pp. 1-6, 2022年12月.
資料番号 MW2022-131 
発行日 2022-12-08 (MW) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2022-131

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2022-12-15 - 2022-12-16 
開催地(和) 神宮会館(伊勢市) 
開催地(英) Jingu-Kaikan(Ise) 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2022-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UHF帯における電波天文受信機のための広帯域超伝導ペンタバンド帯域通過フィルタ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadband superconducting penta-band bandpass filter for radio astronomy receiver in the UHF band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高温超伝導 / high-temperature superconductor  
キーワード(2)(和/英) ペンタバンド帯域通過フィルタ / penta-band bandpass filter  
キーワード(3)(和/英) 電波天文 / radio astronomy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 良知 颯太 / Sota Rachi / ラチ ソウタ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 作間 啓太 / Keita Sakuma / サクマ ケイタ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤堀 卓也 / Takuya Akahori / アカホリ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 關谷 尚人 / Naoto Sekiya / セキヤ ナオト
第4著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-15 13:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MW 
資料番号 MW2022-131 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.313 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2022-12-08 (MW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会