お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-12-16 09:30
干渉測定によるチャネル棲み分けに基づく複数チャネル配置の収束性に関する理論検討
天間克宏滝沢賢一NICT)・松尾英範安達文幸東北大RCS2022-198
抄録 (和) 干渉測定型チャネル棲み分けに基づく動的チャネル配置(Interference-Aware Channel Segregation based Dynamic Channel Assignment: IACS-DCA)を用いれば,同一チャネル干渉(Co-Channel Interference: CCI)の小さいチャネル再利用パターンを自律的に形成できる.IACS-DCAでは,各アクセスポイント(Access Point: AP)が利用可能な全チャネルについて受信CCI電力を周期的に観測してチャネル優先度テーブルを更新し,優先度に基づいて使用チャネルを選択する.筆者らはこれまで,平均受信CCI電力最小(優先度1位)の1チャネルを選択するIACS-DCAについて,チャネル再利用パターンの収束性を理論的に明らかにしている.本稿では,優先度1位だけでなく優先順位順に複数チャネルを各APが選択するIACS-DCAに基づくマルチチャネル配置の収束性についてゲーム理論を用いた理論解析により議論している. 
(英) Our recently proposed interference-aware channel segregation based dynamic channel assignment (IACS-DCA) forms a channel reuse pattern with low co-channel interference (CCI) in a distributed manner. In IACS-DCA, each access point (AP) periodically measures the instantaneous received CCI power and computes the average received CCI power on all available channels. Then, the channel-priority table is updated in which the channels are listed in ascending order of the average received CCI power and the channels are selected at each AP based on the channel-priority table. It has been shown that IACS-DCA in which the channel with the lowest average received CCI power (i.e., first order channel) is selected forms a stable channel reuse pattern with low CCI theoretically. In this paper, we provide game theoretical analysis of the convergence of IACS-DCA based multiple channel assignment in which the channels below the first orders are assigned in each AP. The existence of convergent point of channel reuse pattern and the convergence performance of IACS-DCA based multiple channel assignment are discussed.
キーワード (和) 動的チャネル配置 / マルチチャネル配置 / 同一チャネル干渉 / ゲーム理論 / ポテンシャルゲーム / / /  
(英) Dynamic Channel Assignment / Multiple Channel Assignment / Co-channel Interference / Game Theory / Potential Game / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 311, RCS2022-198, pp. 69-74, 2022年12月.
資料番号 RCS2022-198 
発行日 2022-12-08 (RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2022-198

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2022-12-15 - 2022-12-16 
開催地(和) 名古屋工業大学+オンライン開催 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology, and Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2022-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 干渉測定によるチャネル棲み分けに基づく複数チャネル配置の収束性に関する理論検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Convergence analysis of Interference-Aware Channel Segregation based Multiple Channel Assignment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的チャネル配置 / Dynamic Channel Assignment  
キーワード(2)(和/英) マルチチャネル配置 / Multiple Channel Assignment  
キーワード(3)(和/英) 同一チャネル干渉 / Co-channel Interference  
キーワード(4)(和/英) ゲーム理論 / Game Theory  
キーワード(5)(和/英) ポテンシャルゲーム / Potential Game  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天間 克宏 / Katsuhiro Temma / テンマ カツヒロ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 英範 / Hidenori Matsuo / マツオ ヒデノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2022-12-16 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2022-198 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数
発行日 2022-12-08 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会