お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-26 12:50
呼の終了を想定したチャネル割当とグラフのGrundy coloring
田村 裕中大)・中野敬介新潟大CAS2022-68 ICTSSL2022-32
抄録 (和) 無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多くの理論的な研究は,割当てるチャネル数の最小化を目指したものである.筆者らは以前の報告においてGrundy Coloring と呼ばれる色数が最大となる彩色を取り上げ,必要なチャネルを見積もり,いくつかの結果を示した.また,筆者らは以前に,チャネル干渉の程度を取り入れた従来のグラフ彩色を拡張した問題を提案し,いくつかの結果を得るとともに, Grundy Coloringに関しても考察している.ここでは,実際のチャネル割当において呼の終了も想定した場合について考慮する. 
(英) he relation of channel assignment problems in wireless communications and coloring problems of graph theory is well-known. A channel in the wireless communication is corresponding to a color assigned to a vertex (an edge) in a graph. It is popular to minimize the number of colors assigned to vertices of the graph. However, the maximum number of colors called Grundy Number is also important. In the previous study, we show the upper bounds of colors assigned to some graphs. And we have previously proposed a problem that extends the conventional graph coloring incorporating the degree of channel interference, and have obtained some results. In this paper, we consider the case in which the call termination is assumed in the actual channel assignment.
キーワード (和) 無線通信 / チャネル割当 / グラフ彩色 / Grundy Coloring / ャネル干渉 / 呼の終了 / /  
(英) Wireless communication / Channel assignment / Graph coloring / Grundy Coloring / Co-channel interference / Call termination / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 361, ICTSSL2022-32, pp. 34-38, 2023年1月.
資料番号 ICTSSL2022-32 
発行日 2023-01-19 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2022-68 ICTSSL2022-32

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2023-01-26 - 2023-01-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) TBD 
テーマ(和) 学生セッション・一般 
テーマ(英) Student Session, General Session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2023-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 呼の終了を想定したチャネル割当とグラフのGrundy coloring 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel assignment assuming call termination in wireless network and Grundy coloring of graphs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless communication  
キーワード(2)(和/英) チャネル割当 / Channel assignment  
キーワード(3)(和/英) グラフ彩色 / Graph coloring  
キーワード(4)(和/英) Grundy Coloring / Grundy Coloring  
キーワード(5)(和/英) ャネル干渉 / Co-channel interference  
キーワード(6)(和/英) 呼の終了 / Call termination  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 裕 / Hiroshi Tamura / タムラ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-26 12:50:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 CAS2022-68, ICTSSL2022-32 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.360(CAS), no.361(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.34-38 
ページ数
発行日 2023-01-19 (CAS, ICTSSL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会