お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-11 16:30
日本とタイにおける自然観の比較 ~ 森林浴の効果の可視化 ~
佐藤陽生中山春佳平松裕子伊藤 篤中大)・上田一貴東大)・原田康也早大)・長谷川まどか宇都宮大TL2022-43
抄録 (和) 昨今、観光産業では、世界的にヘルスツーリズムが注目を集めている。そのひとつに森林浴がある。森林浴は、1984年に林野庁により提唱されたものである。森林浴にはいくつかの効果があるが、リラックス効果やリフレッシュの効果があるとされる。また、森林浴は日本で生まれたものであるが、現在は、海外でも注目を集めておりShinrinyokuという単語もある。我々は、これまでに奥日光における森林浴の効果を調べてきたが、今回は、タイの森林における森林浴の効果を測定した結果を報告する。奥日光では、川や滝の近くにおける効果が観測されているが、タイの森林では、川や滝の近くだけでなく、その熱帯雨林の中にいることがリラックス効果を与えるということがわかり、地域の自然環境の効果が大きいことが判明した。 
(英) Recently, Health Tourism has become popular worldwide. One category of health tourism is Shinrinyoku (Forest Bathing). Shinrinyoku was born in Japan in 1984. There are several benefits of Shinrinyoku, such as relaxing and refreshing. We have been studying the source of the effect of Shinrinyoku in Okunikko. In February 2023, we performed research on Shinrinyoku in Kaoyai National Park in Thailand. In Okunikko, we found that we can be relaxed near a waterfall or river. In the forest of Thailand, we found that not only near a river and waterfall, walking in a rain forest was also effective for relaxing.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 419, TL2022-43, pp. 54-59, 2023年3月.
資料番号 TL2022-43 
発行日 2023-03-03 (TL) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2022-43

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2023-03-10 - 2023-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) テーマ1: 通訳翻訳・ホスピタリティーコミュニケーション, テーマ2: 言語景観・言語の学習・ 言語接触・ 意味の創発, テーマ3: 前提の共有と操作・言語と学習 ・ナラティブ・ メタバース 
テーマ(英) Theme 1:Interpretation, Translation, and Hospitality Communication, Theme 2:Linguistic Landscape, Learning Language, Language Contact, Abduction of Meaning, Theme 3:Sharing and Manipulation of Presupposition, Narrative, Metaverse 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2023-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本とタイにおける自然観の比較 
サブタイトル(和) 森林浴の効果の可視化 
タイトル(英) A Comparative Study of Views of Nature in Japan and Thailand 
サブタイトル(英) Visualization of the effects of forest bathing 
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 陽生 / Yosei Sato / サトウ ヨウセイ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 春佳 / Haruka Nakayama / ナカヤマ ハルカ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 裕子 / Yuko Hiramatsu / ヒラマツ ユウコ
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第4著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 一貴 / Kazutaka Ueda / ウエダ カズタカ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 康也 / Yasunari Harada / ハラダ ヤスナリ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 まどか / Madoka Hasegawa / ハセガワ マドカ
第7著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-11 16:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 TL 
資料番号 TL2022-43 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.54-59 
ページ数
発行日 2023-03-03 (TL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会