お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-11 10:00
アイデアの創出支援技法の比較研究
阪原 淳長谷川まどか宇都宮大)・伊藤 篤中大TL2022-34
抄録 (和) 我々は、これまでに、弁証法の三つの要素を回転させることでアイデアをこねることを特徴とするSA
法(スピニング・アウフヘーベン法)を提案し、その有効性を論じてきた。世の中には、これまでに、様々なアイ
デア生成法が提案され、利用されている。例えば、個人や小グループ向けのKJ法、マインドマップ、マンダラー
ト、NM法や、企業の組織的知創造に関するSECIモデルが知られている。本論文ではSA法と、これらのアイデア
生成法との比較考察を行ッタ結果を示す。 
(英) We have been presenting the SA method(the Spinning Aufheben method), which has unique features: Spinning Aufheben to knead ideas, and discussing the effectiveness of the method.There are many idea generation techniques, which are used daily. For example. There are the KJ method, Mandalar-art, and the NM method for individual use. There is even a well known theory about knowledge creation within companies: SECI model. In this paper, we will compare those idea generation methodologies.
キーワード (和) 創造 / 人間工学 / 弁証法 / アイデアの生成 / 映画 / 職業 / 広告 / クリエーティブ  
(英) Creation / Human Factors / Dialectic Development / Idea Development / Film / Professional / Advertising / Creative industry  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 419, TL2022-34, pp. 1-5, 2023年3月.
資料番号 TL2022-34 
発行日 2023-03-03 (TL) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2022-34

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2023-03-10 - 2023-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) テーマ1: 通訳翻訳・ホスピタリティーコミュニケーション, テーマ2: 言語景観・言語の学習・ 言語接触・ 意味の創発, テーマ3: 前提の共有と操作・言語と学習 ・ナラティブ・ メタバース 
テーマ(英) Theme 1:Interpretation, Translation, and Hospitality Communication, Theme 2:Linguistic Landscape, Learning Language, Language Contact, Abduction of Meaning, Theme 3:Sharing and Manipulation of Presupposition, Narrative, Metaverse 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2023-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アイデアの創出支援技法の比較研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparative study on the SA method and other methods 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 創造 / Creation  
キーワード(2)(和/英) 人間工学 / Human Factors  
キーワード(3)(和/英) 弁証法 / Dialectic Development  
キーワード(4)(和/英) アイデアの生成 / Idea Development  
キーワード(5)(和/英) 映画 / Film  
キーワード(6)(和/英) 職業 / Professional  
キーワード(7)(和/英) 広告 / Advertising  
キーワード(8)(和/英) クリエーティブ / Creative industry  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪原 淳 / Atsushi Sakahara / サカハラ アツシ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya Univerity (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 まどか / Madoka Hasegawa / ハセガワ マドカ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Sakahara /
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-11 10:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 TL 
資料番号 TL2022-34 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数
発行日 2023-03-03 (TL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会