お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-03-16 14:50
Level of Detailに基づく3次元空間点群ストリーミングの性能評価
田頭右丞中条夢佳金井謙治早大)・中塚智尋海野恭平KDDI総合研究所)・甲藤二郎早大IMQ2022-55 IE2022-132 MVE2022-85
抄録 (和) 高い臨場感や没入感のあるアプリケーションの開発のためには、3次元空間を効率的にストリーミングする手法の開発が必要である。点群によって表現される空間やオブジェクトは、自由に動くユーザーとの相対的な位置関係が常に変化することから、空間の各部分の重要度は時間とともに変化する。そのため、時間とともに変化するユーザーの視野に適応的に空間をストリーミングすることが重要である。このような動機から、筆者は3Dタイルベースの点群ストリーミングのためのLoDを考慮した品質制御手法の提案を行い、その実装、性能評価を行った。 
(英) In order to realize highly realistic and immersive applications, it is necessary to develop efficient methods for streaming 3D content with large data size. The importance of each part of the space changes over time. That is because the relative positional relationship between space or objects and freely moving user is constantly changing. Therefore, it is important to adaptively stream the space to the user's changing vision over time. With this motivation, the author proposed a LoD-based quality control method for 3D tile-based point cloud streaming, implemented it, and evaluated its performance.
キーワード (和) 点群圧縮技術 / 点群ストリーミング / タイルベースストリーミング / / / / /  
(英) point cloud compression / point cloud streaming / tile-based streaming / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 439, IE2022-132, pp. 172-177, 2023年3月.
資料番号 IE2022-132 
発行日 2023-03-08 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2022-55 IE2022-132 MVE2022-85

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2023-03-15 - 2023-03-17 
開催地(和) 沖縄県青年会館(那覇市) 
開催地(英) Okinawaken Seinenkaikan (Naha-shi) 
テーマ(和) 五感に訴えるオンラインメディアとその評価,および一般(魅力工学研究会協賛) 
テーマ(英) Media of five senses, Multimedia, Media experience, Picture codinge, Image media quality, Network,quality and reliability, etc(AC) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2023-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Level of Detailに基づく3次元空間点群ストリーミングの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluations of Level of Detail-based 3D Point Cloud Space Streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 点群圧縮技術 / point cloud compression  
キーワード(2)(和/英) 点群ストリーミング / point cloud streaming  
キーワード(3)(和/英) タイルベースストリーミング / tile-based streaming  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田頭 右丞 / Yusuke Tagashira / タガシラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中条 夢佳 / Yumeka Chujo / チュウジョウ ユメカ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中塚 智尋 / Chihiro Nakatsuka / ナカツカ チヒロ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research, Inc)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 海野 恭平 / Kyohei Unno / ウンノ キョウヘイ
第5著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research, Inc)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-03-16 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IE 
資料番号 IMQ2022-55, IE2022-132, MVE2022-85 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.437(IMQ), no.439(IE), no.440(MVE) 
ページ範囲 pp.172-177 
ページ数
発行日 2023-03-08 (IMQ, IE, MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会