お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-04-14 14:45
暗号ICチップの電磁的故障注入攻撃における解析手法の検討
林 佑亮長谷川陸宇弘原海拓也門田和樹三木拓司永田 真神戸大HWS2023-4
抄録 (和) 暗号集積回路(IC)チップに対する故障注入攻撃における故障注入手法にはレーザーや電磁波などといった様々な手法がある。一方、故障注入攻撃による故障を利用した解析手法については、理論的な側面からしか考えられておらず、実際の故障注入によって引き起こされる故障に適応するような解析手法の検討にはまだ多くの余地がある。そこで、暗号ICチップに対して故障注入を行い、ビットフリップの傾向を観測した。実測から得られた故障の傾向を踏まえ、故障暗号文を任意に作成し、差分故障解析(DFA)を行うシミュレーションを作成した。この実際の環境に近いシミュレーション手法とこれまでに提案されていた解析手法を比較し、攻撃実現性について検討した。 
(英) There are various methods of fault injection attacks on cryptographic IC chips, such as lasers and electromagnetic waves. On the other hand, analysis methods using faults caused by fault injection attacks have only been considered from a theoretical aspect, and analysis methods that adapt to actual faults caused by fault injection have not yet been considered. Therefore, we performed fault injection on IC chips and observed the trend of bit flips. Based on the fault trends obtained from the actual measurements, we created simulations in which fault ciphertexts were arbitrarily created and DFA was performed. We compared this simulation method, which is close to the actual environment, with the previously proposed analysis method, and examined the feasibility of the attack.
キーワード (和) AES / 故障注入攻撃 / DFA / / / / /  
(英) AES / fault injection attack / DFA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 6, HWS2023-4, pp. 11-15, 2023年4月.
資料番号 HWS2023-4 
発行日 2023-04-07 (HWS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HWS2023-4

研究会情報
研究会 HWS  
開催期間 2023-04-14 - 2023-04-15 
開催地(和) 湯布院公民館 
開催地(英)  
テーマ(和) ハードウェアセキュリティ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2023-04-HWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 暗号ICチップの電磁的故障注入攻撃における解析手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Exploration of analysis methods of electromagnetic fault injection attacks on cryptographic IC chips 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AES / AES  
キーワード(2)(和/英) 故障注入攻撃 / fault injection attack  
キーワード(3)(和/英) DFA / DFA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佑亮 / Yusuke Hayashi / ハヤシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 陸宇 / Rikuu Hasegawa / ハセガワ リクウ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 弘原海 拓也 / Takuya Wadatsumi / ワダツミ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 門田 和樹 / Kazuki Monta / モンタ カズキ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 拓司 / Takuji Miki / ミキ タクジ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 真 / Makoto Nagata / ナガタ マコト
第6著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-04-14 14:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 HWS 
資料番号 HWS2023-4 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数
発行日 2023-04-07 (HWS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会