お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-04-28 13:05
[招待講演]分布ラマン増幅を用いた超広帯域波長多重伝送
佐野明秀立命館大PN2023-1
抄録 (和) 基幹系光ファイバ通信システムでは、通常のCバンドやLバンドに加えてSバンドなどに信号波長帯域を拡張するUWB-WDMによる大容量伝送が注目されている。本稿では、光増幅器として分布ラマン増幅のみを用いる全ラマンUWB-WDM伝送における励起方式について検討する。従来から用いられている後方一次励起方式に加え、前方励起や高次励起を併用する構成に注目し、雑音特性およびファイバ中での非線形効果を考慮した解析を行う。これにより、後方一次励起に前方一次励起を追加することにより、効率的に伝送特性の改善を実現できることを示す。また、前方ラマン利得が伝送特性に及ぼす影響について詳述する。 
(英) UWB-WDM transmission is very promising in order to extend the total capacity of long-haul optical communication systems. In this paper, we discuss the pumping scheme of UWB-WDM transmission systems using all-Raman amplification. We focus on higher-order pumping and/or forward pumping in addition to conventional first-order backward pumping. By using noise performance analysis taking account of nonlinear degradation during the fiber transmission, we show that the use of first-order forward pumping effectively improves the transmission performance. Moreover, we describe the effect of forward Raman gain in bidirectional 1st-order pumping configuration.
キーワード (和) UWB-WDM / 分布ラマン増幅 / 前方ラマン増幅 / 光増幅 / / / /  
(英) UWB-WDM / Distributed Raman Amplification / Forward Raman Amplification / Optical Amplification / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 11, PN2023-1, pp. 1-5, 2023年4月.
資料番号 PN2023-1 
発行日 2023-04-21 (PN) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2023-1

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2023-04-28 - 2023-04-28 
開催地(和) 慶應義塾大学 新川崎タウンキャンパス K2ハウス 会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 信号処理, 光デバイス, 光システム, 光ネットワーク, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2023-04-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分布ラマン増幅を用いた超広帯域波長多重伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultra-Wideband WDM transmission based on distributed Raman Amplification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB-WDM / UWB-WDM  
キーワード(2)(和/英) 分布ラマン増幅 / Distributed Raman Amplification  
キーワード(3)(和/英) 前方ラマン増幅 / Forward Raman Amplification  
キーワード(4)(和/英) 光増幅 / Optical Amplification  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 明秀 / Akihide Sano / サノ アキヒデ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-04-28 13:05:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2023-1 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数
発行日 2023-04-21 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会