お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-01-25 13:25
THz液晶デバイスのトポロジー最適化と自動計算環境の開発
保坂真志伊藤桂一田中将樹秋田高専)・佐々木友之長岡技科大EST2023-105
抄録 (和) テラヘルツ帯の電磁波は情報通信や医療分野などでの応用が期待されている.テラヘルツ波を制御するデバイスの一つとして,テラヘルツ液晶偏向デバイスに着目する.テラヘルツ波においても異方性を示す液晶と金属を組み合わせたテラヘルツ波の制御デバイスにおいて,偏波変換性能を制御するためにトポロジー最適化を行った.本研究では,トポロジー最適化を高速に行うための計算環境を構築し,メタマテリアル構造の単位構造について新規形状を提案する. 
(英) Electromagnetic waves in the terahertz band are expected to be applied in fields such as information communication and medical field. We focus on terahertz liquid crystal deflection devices as one of the devices that control terahertz waves. Topology optimization is used to control polarization conversion performance in a terahertz wave control device that combines a liquid crystal and metal. The liquid crystal is known to exhibit anisotropy even in terahertz waves. In this study, the computational environment is developed to speed up the calculation time of topology optimization, and new optimal shape of the unit structure of metamaterials is proposed.
キーワード (和) メタマテリアル / THz波 / 液晶 / トポロジー最適化 / 並列計算 / FDTD法 / /  
(英) metamaterial / THz wave / liquid crystal / topology optimization / parallel computing / FDTD method / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 370, EST2023-105, pp. 35-40, 2024年1月.
資料番号 EST2023-105 
発行日 2024-01-18 (EST) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2023-105

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2024-01-25 - 2024-01-26 
開催地(和) 京都大学 ローム記念館 
開催地(英) Kyoto University ROHM Plaza 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2024-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) THz液晶デバイスのトポロジー最適化と自動計算環境の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Topology optimization of THz liquid crystal device and development of automatic calculation environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタマテリアル / metamaterial  
キーワード(2)(和/英) THz波 / THz wave  
キーワード(3)(和/英) 液晶 / liquid crystal  
キーワード(4)(和/英) トポロジー最適化 / topology optimization  
キーワード(5)(和/英) 並列計算 / parallel computing  
キーワード(6)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 保坂 真志 / Masashi Hosaka / ホサカ マサシ
第1著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT,Akita College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 桂一 / Keiichi Itoh / イトウ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT,Akita College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 将樹 / Masaki Tanaka / タナカ マサキ
第3著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT,Akita College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 友之 / Tomoyuki Sasaki / ササキ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka University of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-01-25 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EST 
資料番号 EST2023-105 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2024-01-18 (EST) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会