お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


コミュニケーションシステム研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 梅原 大祐 (京都工繊大)
副委員長 小崎 成治 (三菱電機)
幹事 鎌倉 浩嗣 (千葉工大), 原 一貴 (NTT)
幹事補佐 川崎 耀 (NICT), 井田 悠太 (山口大)

光通信システム研究会(OCS) [schedule] [select]
専門委員長 星田 剛司 (富士通)
幹事 山本 秀人 (NTT), 川口 雄揮 (住友電工)

日時 2023年 1月12日(木) 12:55 - 16:30
2023年 1月13日(金) 09:00 - 16:30
議題 コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
会場名 リファレンスキャナルシティ博多貸会議室 B1F 
住所 福岡県福岡市博多区住吉1丁目2-25 キャナルシティ博多 ビジネスセンタービル B1F
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(OCS研究会, CS研究会)についてはこちらをご覧ください.

1月12日(木) 午後 
座長: 若山雄太(KDDI総合研究所)
12:55 - 14:15
  12:55-13:00 開会の挨拶 ( 5分 )
(1)
OCS
13:00-13:25 [招待講演]商用シリコンの800Gbps/1.6Tbps対応予測とそのフォームファクター ~ ムーアの法則衰え知らず ~ OCS2022-59 土屋師子生Arista
(2)
OCS
13:25-13:50 [招待講演]Beyond 400Gに向けた短距離光通信向けデジタルコヒーレント技術 OCS2022-60 三浦浩志鈴木純一大畠伸夫望月敬太鈴木巨生三菱電機
(3)
OCS
13:50-14:15 [招待講演]Beyond 400Gに向けた伝送技術と標準化動向 OCS2022-61 栃尾祐治富士通
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
1月12日(木) 午後  CS一般講演1
座長: 末廣 雄(三菱電機)
14:25 - 15:40
(4)
CS
14:25-14:50 鉄道路線情報を活用したMANモデルに対する縮約アルゴリズムと小規模東京MANモデル CS2022-63 橘 拓至福井大)・廣田悠介NICT)・鈴木恵治郎産総研)・釣谷剛宏KDDI総合研究所)・長谷川 浩名大
(5)
CS
14:50-15:15 光伝送装置暗号処理のディスアグリゲーション構成による鍵交換冗長化 CS2022-64 谷口 篤佐成晏之・○三浦桃子持田康弘村上啓造知加良 盛NTT
(6)
CS
15:15-15:40 光TDM伝送における高精度同期を実現するタイミング抽出動作原理の検証 CS2022-65 西山公太中川雅弘松田俊哉関 剛志宮村 崇NTT
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
1月12日(木) 午後  CS特別招待講演
座長: 梅原 大祐 (京都工繊大)
15:50 - 16:30
(7)
CS
15:50-16:30 [特別招待講演]高効率電気光学変調器を用いた高速光変調技術の開発 ~ EOポリマーおよび強誘電性薄膜変調器の可能性 ~ CS2022-66 横山士吉九大
1月13日(金) 午前 
座長: 鈴木巨生(三菱電機)
09:00 - 10:40
(8)
OCS
09:00-09:25 波長シフトファイバを用いた光通信システムにおける外光の影響を抑える遮光方式の検討 OCS2022-62 瀧塚博志春山真一郎慶大)・石橋正和村田機械
(9)
OCS
09:25-09:50 空間光変調器を用いた数モードマルチコアファイバのコア選択スイッチにおける位相補償方法 OCS2022-63 渡辺 陵岡本 淳富田章久北大
(10)
OCS
09:50-10:15 標準外径ステップインデックス型4コアファイバを用いた双方向大洋横断級伝送実験 OCS2022-64 相馬大樹別府翔平吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所
(11)
OCS
10:15-10:40 長距離結合型マルチコアファイバ伝送システムにおけるコア間スキュー及びモード依存性損失とQ値劣化 OCS2022-65 別府翔平相馬大樹吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
1月13日(金) 午前  CS一般講演2
座長: 田中 大二郎(富士通)
10:50 - 12:05
(12)
CS
10:50-11:15 全結合半分割切替型ポイント・ツー・マルチポイントTDMシステムにおける時間資源割当と経路選択の検討 CS2022-67 木村優太稲垣瑞樹小玉崇宏香川大
(13)
CS
11:15-11:40 入力順序不変型ニューラルネットワークを用いた4096値固有値復調法 CS2022-68 久野大介・○三科 健丸田章博阪大
(14)
CS
11:40-12:05 多値固有値変調方式における領域内複素固有値数推定を用いた固有値復調法 CS2022-69 西田航平寺師悠平久野大介三科 健丸田章博阪大
  12:05-13:05 昼休憩 ( 60分 )
1月13日(金) 午後  CS特別招待講演, CS一般講演3
座長: 小崎 成治 (三菱電機)
13:05 - 14:35
(15)
CS
13:05-13:45 [特別招待講演]データセンタ応用光インタフェースの動向 CS2022-70 髙井厚志
(16)
CS
13:45-14:10 異常および正常分散ファイバ中における分散マネージメントソリトンの固有値解析 CS2022-71 平賀隆也遠藤滉己橋本康平丸田章博阪大
(17)
CS
14:10-14:35 光固有値を用いた光ファイバ伝送路中の異常雑音付加箇所検出の検討 CS2022-72 山内漱一郎丸田章博三科 健阪大
  14:35-14:45 休憩 ( 10分 )
1月13日(金) 午後 
座長: 若山雄太(KDDI総合研究所)
14:45 - 16:30
(18)
OCS
14:45-15:10 帯域制限下における距離適応水中光無線通信の比較検討 OCS2022-66 田中啓太小堀史哉小玉崇宏香川大
(19)
OCS
15:10-15:35 コンスタレーション保持簡易シンボル暗号化に対する盗聴モデルとその評価 OCS2022-67 島田啓司小玉崇宏香川大
(20)
OCS
15:35-16:00 有線伝送路等化による有無線統合MIMO伝送の特性改善 OCS2022-68 依岡寛人東野武史岡田 実奈良先端大
(21)
OCS
16:00-16:25 部分凍結MIMO適応等化器による動的環境中の高精度波形歪み等化 OCS2022-69 川合 暁中村政則高橋みなみ小林孝行宮本 裕NTT
  16:25-16:30 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
特別招待講演発表 35 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS コミュニケーションシステム研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 CS研幹事
E-: _nieice 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/
OCS 光通信システム研究会(OCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 E-: ocs-contact [at mark] .ieice.org
川口 雄揮 (住友電工)
TEL: 045-853-7172
山本 秀人 (NTT)
TEL: 046-859-3142 
お知らせ ◎OCS Webページ:http://www.ieice.org/~ocs/jpn-new/index.php
◎OCS研究会では、2007年より「光通信システム研究会 奨励賞」および「光通信システム研究会 論文賞」を設立しました。毎年9月~翌年8月のOCS研究会に投稿・発表された講演を対象に選考し、翌年12月の光通信システムシンポジウムにて表彰します。詳しくはOCS Webページをご覧下さい。


Last modified: 2022-12-27 10:25:16


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /   [OCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会