お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-01-12 15:15
光TDM伝送における高精度同期を実現するタイミング抽出動作原理の検証
西山公太中川雅弘松田俊哉関 剛志宮村 崇NTTCS2022-65
抄録 (和) 我々は,時間軸で光信号の多重分離を実現する光時分割多重 (光TDM) 技術を伝送網に適用することで,波長あたりの光パス数の飛躍的拡大を目指している.光TDM技術によって1波長当たりの多重数を拡張するためには,信号同士を密に詰めるための高精度な同期技術が必要となる.筆者らはこれまでに,データ信号中に埋め込まれた同期信号の到達タイミングを物理的に抽出することで,ノード間の高精度同期を実現する方法を提案してきた.本稿では,同期信号を物理レイヤで抽出し高精度同期をとる本提案手法を実現するために必要となる要求条件を実機検証により明らかにする. 
(英) We aim to increase in number of the optical paths per wavelength by applying optical time division multiplexing (TDM) technology to transmission networks. In order to establish multiple paths based on optical TDM networks, a high-precision synchronization method to reduce the time intervals between signals is required. We proposed a method to achieve high-precision synchronization method for optical TDM transmission by physically extracting the arrival timing of the synchronization signals embedded in data signals. In this paper, we clarify the requirements necessary to realize the timing extraction method in physical layer for high-precision synchronization through verification experiments.
キーワード (和) 光時分割多重 / TS同期 / / / / / /  
(英) Optical Time Division Multiplexing / Synchronization / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 122, no. 331, CS2022-65, pp. 12-16, 2023年1月.
資料番号 CS2022-65 
発行日 2023-01-05 (CS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2022-65

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2023-01-12 - 2023-01-13 
開催地(和) キャナルシティ博多 
開催地(英) CANAL CITY HAKATA 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2023-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光TDM伝送における高精度同期を実現するタイミング抽出動作原理の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Timing Extraction Principle for High-precision Synchronization in Optical Time Division Multiplexing Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光時分割多重 / Optical Time Division Multiplexing  
キーワード(2)(和/英) TS同期 / Synchronization  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 公太 / Kota Nishiyama / ニシヤマ コウタ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 俊哉 / Toshiya Matsuda / マツダ トシヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 剛志 / Takeshi Seki / セキ タケシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-01-12 15:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CS 
資料番号 CS2022-65 
巻番号(vol) vol.122 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.12-16 
ページ数
発行日 2023-01-05 (CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会