お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


知能ソフトウェア工学研究会(KBSE) [schedule] [select]
専門委員長 中川 博之 (阪大)
副委員長 猿渡 卓也 (NTTデータ)
幹事 小形 真平 (信州大), 槇原 絵里奈 (同志社大)
幹事補佐 小島 英春 (阪大), 柏 祐太郎 (九大)

サービスコンピューティング研究会(SC) [schedule] [select]
専門委員長 菊地 伸治 (物質・材料研究機構)
副委員長 山登 庸次 (NTT), 木村 功作 (富士通研)
幹事 中村 匡秀 (神戸大), 細野 繁 (東京工科大)
幹事補佐 手塚 伸 (日立), 中口 孝雄 (京都情報大学院大)

日時 2021年11月 5日(金) 13:50 - 16:45
2021年11月 6日(土) 09:30 - 19:30
議題 「社会変化に伴う際のサービスとソフトウェア・システム構築とその高度化」および一般 
会場名 https://ken.ieice.org/ken/form/index.php?tgs_regid=4307fdfa5ae66dfad7d72e605b072ee07929712e1dc15544b77af62eb6e1993f&cmd=info&lang= を参照 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(KBSE研究会, SC研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月5日(金) 午後  セッション1 (現地会場+EventInメインフロア講演会場)
13:45 - 15:20
  13:45-13:50 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:50-14:20 有効性・効率性に関するUIパターンのカタログ化に向けた定量的評価 KBSE2021-25 SC2021-24 齋藤 侑小形真平岡野浩三信州大
(2) 14:20-14:50 強化学習に基づいた施設レイアウト自動設計支援システムの実現に向けて KBSE2021-26 SC2021-25 池田 光中川博之阪大)・関本 章赤木宏匡鹿島建設)・土屋達弘阪大
(3) 14:50-15:20 社会受容性を持つAIサービスの設計についての検討 KBSE2021-27 SC2021-26 竹内広宜飯野貴斗石川翔暉市塚亜月前田美幸宮澤優花武蔵大
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
11月5日(金) 午後  セッション2 (現地会場+EventInメインフロア講演会場)
15:30 - 16:45
(4) 15:30-16:00 大学研究室におけるアジャイルプロセスによるプロダクト開発に向けて KBSE2021-28 SC2021-27 杉田卓斗安藤玲央越前谷彩乃榎本シン松野 裕日大
(5) 16:00-16:45 ArchiMateによるサービス設計法の提案 KBSE2021-29 SC2021-28 山本修一郎名古屋国際工科専門職大
11月6日(土) 午前  ポスターセッション (EventInポスターセッションフロア)
09:30 - 10:40
(6) 09:30-09:35 事前説明(ポスターセッションフロア大会場)
(7) 09:35-09:45 [ポスター講演]ゲーミフィケーションに基づく地域理解動機付けのためのクイズラリープラットフォームの試作 KBSE2021-30 SC2021-29 明石拓弥大浦秀喜成松智輝山名莉央大薗隼人酒匂大輝中井哲也中村匡秀神戸大
(8) 09:45-09:55 [ポスター講演]傾聴システムにおける韻律特徴を活用した非言語的な共感応答の開発 KBSE2021-31 SC2021-30 徳田裕紀中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大
(9) 09:55-10:05 [ポスター講演]Enterprise Integration Patternsにおける汎化クラス構造の抽出 KBSE2021-32 SC2021-31 菊地伸治物質・材料研究機構
(10) 10:05-10:15 マスク着用社会に有用なスマートコミュニケーションディスプレイ KBSE2021-33 SC2021-32 片岡優也干川尚人小山高専
(11) 10:15-10:25 [ポスター講演]グラフ埋め込みを用いたサービスクラスタリング KBSE2021-34 SC2021-33 大久保弘基村上陽平立命館大
(12) 10:25-10:40 ポスターセッション(自由観覧時間)
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
11月6日(土) 午前  チュートリアル (EventInチュートリアル、ハッカソンフロア)
10:50 - 12:20
(13) 10:50-12:20 コラボレーションツールを支える技術 〜分散共有オブジェクトのノーコード化を目指して〜
中口 孝雄(京都情報大)
  12:20-13:20 休憩 ( 60分 )
11月6日(土) 午後  ハッカソン (EventInチュートリアル、ハッカソンフロア)
座長: 木村功作 (富士通)
13:20 - 17:20
  - テーマ: ウィズコロナ時代の新しいコラボレーションツールの提案とプロトタイピング

チュートリアルで学んだ分散共有オブジェクト技術を用いてハッカソンを行います。
チームに分かれ、ウィズコロナ時代にあるべき新しいコラボレーションツールの提案、プロトタイプ作成を行います。
副賞も用意しています。ぜひご参加ください。
(14) 13:20-14:20 アイスブレイク、アイデア出し
(15) 14:20-16:35 プロトタイピング、発表資料作成
(16) 16:35-17:20 発表(時間調整中)
  17:20-17:30 委員長挨拶 ( 10分 )
11月6日(土) 午後  懇親会(EventIn懇親会フロア)
17:30 - 19:30
(17) 17:30-19:30 オンライン懇親会を行います。
各自お手元の環境からご参加ください。

講演時間
一般講演(ロング)発表 30 分 + 質疑応答 15 分
一般講演(ショート)発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
KBSE 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   [今後の予定はこちら]
問合先 KBSE幹事団ML
E-: kb-sff 
お知らせ ◎最新の情報はKBSE研究会ホームページでご確認ください.
http://www.ieice.org/iss/kbse/
SC サービスコンピューティング研究会(SC)   [今後の予定はこちら]
問合先 SC幹事団ML
E-: sc-nsig-sc 
お知らせ ◎最新の情報はSC研究会ホームページでご確認ください.
https://sig-sc.org/


Last modified: 2021-11-04 23:33:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[KBSE研究会のスケジュールに戻る]   /   [SC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会