お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 渡辺 健次 (広島大)
副委員長 國宗 永佳 (千葉工大)
幹事 西尾 典洋 (目白大), 立岩 佑一郎 (名工大)
幹事補佐 吉原 和明 (近畿大), 加納 徹 (東京理科大)

日時 2022年10月15日(土) 12:50 - 17:00
議題 新しい技術・デバイスを活用した学習支援/一般 
会場名 佐賀大学理工学部(本庄キャンパス)六号館1階106室(大学院大講義室)(構内図29番)/オンライン
現地参加される方は下記「お知らせ」欄をご覧ください。 
住所 佐賀市本庄町一番地
交通案内 佐賀駅バスセンターからバスで約15分(4番のりば)
https://www.saga-u.ac.jp/access/
会場世話人
連絡先
佐賀大学理工学部・岡崎泰久
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎現地参加される方に,下記のご対応をお願いしております.
1)参加費のオンライン決済
新型コロナウィルス対策のため,当日の現金払いをご遠慮いただいております.
2)参加者の事前登録
会場参加人数を把握するため,下記フォームから事前にご登録ください.
https://forms.office.com/r/uED8jZPD19
3)会場からのお願い
・必ずマスクを着用してください。
・体調不良(37.5度以上の熱、咳症状等)の場合は来場をご遠慮ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  12:50-12:55 委員長挨拶 ( 5分 )
10月15日(土) 午後  ET(1)
座長: 立岩佑一郎(名工大)
12:55 - 14:20
(1) 12:55-13:20 センサ・アクチュエータを使用した初学者向けメカトロニクス教育教材システムの開発 ET2022-21 池部怜奈荒金匡德西田麻美IPUT
(2) 13:20-13:45 電気回路実験の実習用アプリケーションの開発 ET2022-22 相川直幸原田泰彰高橋 翔東京理科大
(3) 13:45-14:10 他者の図への批判経験を活用した図の批評眼獲得支援システム ET2022-23 上田航司小尻智子関西大
  14:10-14:20 休憩 ( 10分 )
10月15日(土) 午後  ET(2)
座長: 吉原和明(近畿大)
14:20 - 15:35
(4) 14:20-14:45 児童の学習状況把握を目的とした手書きデータに基づく教諭向けICTツール ET2022-24 高谷悠太郎服部聖彦松岡丈平東京工科大
(5) 14:45-15:10 問題解決のためのフレームに基づいた活動分析支援ツールの構築 ET2022-25 久乗皓大小尻智子関西大
(6) 15:10-15:35 プログラム・コード学習者の相互評価による特性値の検討 ET2022-26 中山 実東工大)・宇都雅輝電通大)・Temperini, MarcoSapienza大)・Sciarrone, FilippoMercatorum大
  15:35-15:45 休憩 ( 10分 )
10月15日(土) 午後  ET(3)
座長: 加納 徹(東京理科大)
15:45 - 17:00
(7) 15:45-16:10 VRを利用した仮想的な観光地訪問の検討 ET2022-27 大川内隆朗田中絵里子日大
(8) 16:10-16:35 健康メディアデザインに基づく夜勤アルバイト学生のための日勤夜勤混合タイムスケジュール法の一提案 ET2022-28 千種康民黄 旭東京工科大
(9) 16:35-17:00 中学校技術科を対象としたディープラーニングを用いた顔認証セキュリティシステム教材の開発と実践 ET2022-29 小八重智史宮崎大)・吉原和明近畿大)・藤木 卓長崎大)・谷本優太長崎大附属中)・渡辺健次広島大
  17:00-17:15 開催校挨拶 ( 15分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 立岩佑一郞 (名古屋工業大学)
E-: i 
お知らせ ◎完全オンライン開催に切り替わる可能性があります。
◎第1著者として、1回の研究会で1件まで発表できます。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めておりませんのでご注意ください。
◎原稿は、4ページ〜8ページで作成してください。
◎本研究会の取り組みについては、教育工学研究会ホームページ(http://www.ieice.org/iss/et/)もご覧ください。
◎当日の発表時間は、進捗により多少ずれることがあります。予めお含みおき下さい。


Last modified: 2022-10-07 13:34:12


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会