お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2022-03-10
10:40
ONLINE オンライン開催 BitTorrentにおける近傍ピアで形成された協同グループのためのマルチキャストを用いた効率的なピース取得法
林 優輔藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2021-130
 [more] NS2021-130
pp.47-52
NS, IN
(併催)
2022-03-11
15:10
ONLINE オンライン開催 任意数の階層構造をもつSkip Graphのホップ数削減のための構造最適化
藤田悠生藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2021-159
IoTデバイスの増加に伴い,デバイス同士が自律分散的にネットワークを構築・維持するP2P型IoTプラットフォームが注目さ... [more] NS2021-159
pp.218-223
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
10:50
ONLINE オンライン開催 キャンパス内配電電圧に関する同期フェーザ時系列データのガウス過程回帰に基づく予測に関する一検討
野口宗孝阪府大)・薄 良彦阪府大/JST)・石亀篤司阪府大NLP2021-3 CCS2021-3
多様な分散型電源の導入により配電システムの動特性は複雑化し,現象を計測・制御するためのマイクロ同期フェーザ計測装置 (P... [more] NLP2021-3 CCS2021-3
pp.10-13
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
14:20
ONLINE オンライン開催 クープマンモード分解に基づく非線形微分代数方程式系の寄与率評価に関する検討
高道健史阪府大)・薄 良彦阪府大/JST)・石亀篤司阪府大NLP2021-8 CCS2021-8
寄与率とは,動的システムの変数とモード間の相互関係を表す指標であり,応用として電力システムの解 析に用いられている.従来... [more] NLP2021-8 CCS2021-8
pp.34-39
CPM 2019-08-26
15:25
北海道 北見工業大学 1号館2F A-207講義室 アントラセンドープZIF-8の作製と半導体特性
加島初徳清水翔太岡本尚樹齊藤丈靖阪府大CPM2019-41
金属有機構造体(Metal Organic Framework: MOF)は金属中心と有機リンカー間に相互作用を有する多... [more] CPM2019-41
pp.19-22
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:30
東京 電気通信大学 Convolutional Neural Networkを用いた樹木画の画型分類の改善
薗田統輔岩田 基阪府大)・稲富宏之京大)・黄瀬浩一阪府大BioX2018-54 PRMU2018-158
バウムテストとは,被験者に樹木の絵を描いてもらい,その絵を分析することで被験者の心理状態を読み取る心理検査である.
こ... [more]
BioX2018-54 PRMU2018-158
pp.149-154
NLP 2017-03-14
13:00
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 遅延結合された2個の2次元Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象
テキ博偉小西啓治原 尚之阪府大NLP2016-110
本報告では,遅延を含む拡散結合が施された2つの2次元複素Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象について... [more] NLP2016-110
pp.25-29
NLP 2017-03-14
14:55
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 遅延フィードバックと時変負荷を伴う直流給電システムの周波数領域解析実験
吉田晃基小西啓治原 尚之阪府大NLP2016-114
本報告では,負荷変動を伴う直流給電システムにおける遅延フィードバック制御の追従性能を実験的に検証する.先行研究[吉田 他... [more] NLP2016-114
pp.47-52
NLP 2016-09-14
11:20
兵庫 甲南大学 オレゴネータモデルにおけるパルス波のモデル推定と安定化制御
勝俣久敏羅 揚小西啓治原 尚之阪府大NLP2016-46
本報告は,興奮性媒体に伝搬する不安定なパルス波の安定化制御を扱う.先行研究[勝俣,小西,原,信学技報NLP2016-2 ... [more] NLP2016-46
pp.9-14
NLP 2016-03-25
13:25
京都 京都産業大学 時変負荷を伴う直流給電システムにおける遅延フィードバック制御の実験的検証
吉田晃基室崎右京小西啓治原 尚之阪府大NLP2015-155
本報告では,直流給電システムの基本回路についての解析結果[K. Konishi et al., Phys. Rev. E... [more] NLP2015-155
pp.75-80
WPT 2016-03-08
15:25
京都 京都大学宇治キャンパス 電波天文用広帯域フィードの開発(III)
氏原秀樹岳藤一宏NICT)・小川英夫阪府大)・三谷友彦京大WPT2015-96
 [more] WPT2015-96
pp.105-108
NS, IN
(併催)
2016-03-03
11:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) Underwater Sensor Networksにおける測定データの到達性能とエリア被覆性能を両立させるノードの移動制御手法
岸上 渉谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2015-197
近年,産業や科学,軍事等の分野における海中探査需要の高まりにより,水中にSensorノードを散布し測定データを収集するU... [more] NS2015-197
pp.167-172
NC, NLP
(併催)
2016-01-28
11:20
福岡 九州工業大学 若松キャンパス 1次元Ginzburg-Landauモデルの遅延結合によって誘発される振動停止現象
テキ博偉小西啓治原 尚之阪府大NLP2015-130
 [more] NLP2015-130
pp.21-26
NLP 2015-10-31
14:55
沖縄 大濱信泉記念館(沖縄県石垣市) 結合された2個の1次元Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象
テキ博偉小西啓治原 尚之阪府大NLP2015-111
 [more] NLP2015-111
pp.23-28
NS 2014-10-16
14:20
島根 松江テルサ [ポスター講演]不均質な無線センサネットワークにおける共有ノードを用いた協調ルーチング
井上夏樹木下和彦阪大)・谷川陽祐戸出英樹阪府大)・渡辺 尚阪大NS2014-114
無線センサネットワーク(WSN)における重要な課題の一つがネットワーク寿命の延長である.近年,同じ領域内に複数の異なるW... [more] NS2014-114
pp.59-62
ICM 2014-03-13
11:10
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) コンポーネント連結に基づくサービスプラットフォームにおける計算機/ネットワーク資源を同時に考慮した負荷分散手法
井上優也廣田悠介木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三渡辺 尚阪大ICM2013-56
現状のサービスプラットフォームでは計算機/ネットワーク資源の制御は独立して行われるのが一般的であるが,これらの制御は同一... [more] ICM2013-56
pp.37-42
NS 2013-10-17
15:20
北海道 北海道大学 ネットワーク制御とサービス制御を一元化したサービスプラットフォームにおける短・長期的負荷分散手法
井上優也廣田悠介木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大NS2013-103
 [more] NS2013-103
pp.75-78
PRMU 2013-02-21
15:30
大阪 大阪府立大 空間インデクシングに基づく距離推定を用いた高速かつ省メモリな近似近似最近傍探索
佐藤智一岩村雅一黄瀬浩一阪府大PRMU2012-142
本稿では,高次元かつ大規模なデータセットを高速かつ省メモリで扱うための近似最近傍探索手法を提案する.近似最近傍探索は,入... [more] PRMU2012-142
pp.73-78
QIT
(第二種研究会)
2012-11-27
- 2012-11-28
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス [ポスター講演]衝突の列挙に関する量子質問計算量
大和雅英阪府大)・西村治道名大
関数$f$の衝突(すなわち,$f(x)=f(y)$なる組$(x,y)$)は関数の基本的概念の1つであり,それゆえ$f$を... [more]
ET 2011-05-14
10:10
大阪 大阪府立大学 人工無脳を用いた学習支援システムの構築
上野未貴森 直樹松本啓之亮阪府大ET2011-3
近年,会話の不自然さをある程度許容した対話システムである人工無脳が注目さ
れている.筆者らは,ある分野において深い知識... [more]
ET2011-3
pp.13-18
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会