お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2022-09-07
15:40
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]配送問題最適化用AmoebaTopのマルチFPGA上での実装
黄 鹏宇Wei Kaijie天野英晴慶大)・青野真士Amoeba EnergyRECONF2022-30
AmoebaTopは、工場配送スケジュールに用いることができるアメーバ最適化ソルバーである。このソルバーをスケジュールす... [more] RECONF2022-30
pp.17-18
RECONF 2021-06-09
15:00
ONLINE オンライン開催 M-KUBOSボード上での充足可能性問題ソルバー・AmoebaSATの実装
閻 英傑青野真士天野英晴慶大)・大古田香織福田真悟斉藤健太Amoeba Energy)・葛西誠也北大RECONF2021-13
充足可能性問題(Boolean Satisfiability Problem; SAT) はNP 完全であることが知られ... [more] RECONF2021-13
pp.68-73
SR 2021-01-25
13:50
ONLINE オンライン開催 [パネル討論]アメーバ型組合せ最適化マシンの挑戦 ~ モノづくり・モノの動きの効率化からSociety 5.0の実現へ ~
青野真士Amoeba EnergySR2020-51
スマート工場や次世代物流における自動搬送システムの効率化など,内閣府『Society 5.0』が目指す多くの社会課題は,... [more] SR2020-51
p.22
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会