お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1730件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, UWT
(併催)
2023-01-27
10:55
東京 東海大学 高輪キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
強化学習を用いた適応的ランダムウォークSGDによる攻撃耐性のある分散連合機械学習の検討
岡本将一東京理科大)・佐藤光哉電通大)・岩村惠市東京理科大
 [more]
MVE, IPSJ-CVIM, VRSJ-SIG-MR
(連催)
2023-01-26
16:35
奈良 奈良先端科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
音響信号を用いた人物の3次元姿勢推定
柴田優斗慶大)・川島 穣五十川麻理子慶大)・入江 豪東京理科大)・木村昭悟NTT)・青木義満慶大
 [more]
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-26
15:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fukui-Ishibashi型セルオートマトン交通流モデルに対する渋滞抑制のための知的信号機制御
秋山拓也甲斐健也東京理科大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
11:30
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OCCの移動環境における受信方式に関する検討
佐々木友基丸田一輝東京理科大)・小島 駿東大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
11:55
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネル時変動環境下における時間領域シンボル拡散を用いたCMAの干渉抑圧性能評価
池田晴哉丸田一輝東京理科大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
17:25
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数選択性チャネルにおけるチャネルのヌル空間を活用したマルチアンテナAF型リレー局でのMIMO-OFDM信号のPAPR抑圧法
梯 明日翔原 郁紀樋口健一東京理科大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
17:50
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周辺基地局のON/OFF情報を活用した分散型DQNに基づく基地局送信ON/OFF制御法の検討
加藤大喜原 郁紀樋口健一東京理科大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
18:15
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MIMO-OFDM信号のチャネルのヌル空間を活用したPAPR抑圧法におけるピークキャンセル信号生成高度化の一検討
斉藤 純原 郁紀樋口健一東京理科大
 [more]
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-25
10:25
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
部分的CSIに基づくビームフォーミングを用いた下りリンクセルフリーMIMOにおける低演算量型ユーザ毎送信局群選択法の検討
加藤拓輝原 郁紀樋口健一東京理科大
 [more]
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-23
11:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Initial Inter-tile Connectivity Exploration for HPC-oriented CGRA with Lower Resource Usage
Carlos CortesBoma AdhiTomohiro UenoRIKEN Center for Computational Science (R-CCS))・Yiyu TanDept of Systems Innovation Engineering Iwate Univ.)・Takuya KojimaInformation Science and Technology The Univ. of Tokyo)・Artur PodobasKTH Royal Inst. of Technology)・Kentaro SatoRIKEN Center for Computational Science (R-CCS)
 [more]
OME 2022-12-19
16:10
東京 東京理科大学葛飾キャンパス フッ素ドープB型炭酸アパタイト系固体電解質の導電特性と熱安定性
赤松 怜田中優実東理大
 [more]
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
15:45
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ピークキャンセラを用いる多素子MIMO-OFDMにおける帯域内歪補償に適したプリコーディング規範に関する検討
槇田智史野島 陸牟田 修九大)・丸田一輝東京理科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
16:35
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラントフリーアクセスのための複数観測値を用いたブラインド近似メッセージ伝播法
原 郁紀東京理科大)・石橋功至電通大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2022-12-08
14:20
愛媛 愛媛大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3次元磁気メモリの実現に向けたCoPtの電解めっき膜
黄 童雙高村陽太東工大)・齋藤美紀子エムディー マフムドゥル ハサン荒木大輝本間敬之早大)・葛西伸哉物質・材料研究機構)・山田啓介岐阜大)・園部義明早大)・小野輝男京大)・中川茂樹東工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
WPT
(第二種研究会)
2022-12-05
- 2022-12-06
京都 京都大学(宇治キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Transmission Circuit Switching Control System Combining Speed Estimation and N-Legged Converter for Dynamic Wireless Power Transfer
Akihiro OkazakiTakehiro ImuraYoichi HoriTokyo Univ. of Science
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
WPT
(第二種研究会)
2022-12-05
- 2022-12-06
京都 京都大学(宇治キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Theory Development of Far-field Leakage Magnetic Field in Dynamic Wireless Power Transfer for Electric Vehicles Charging and Influence of Ferrite
Soma HasegawaTakehiro ImuraYoichi HoriTokyo Univ. of Science
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
WPT
(第二種研究会)
2022-12-05
- 2022-12-06
京都 京都大学(宇治キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Frequency characteristics of wireless power transfer in seawater via magnetic resonant coupling
Yuki MiyakozawaTakehiro ImuraYoichi HoriTokyo Univ. of Science
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SITE, IPSJ-CE
(連催)
2022-12-04
13:00
福岡 福岡工業大学(オンライン開催の可能性あり)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グリーンボンドが企業の経営効率に与える要因に関する分析
方 鳳麒能上慎也東理科大SITE2022-51
 [more] SITE2022-51
pp.1-6
SWIM 2022-11-26
15:40
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プログラミング教育支援に向けたサンプルプログラム推奨システム
宇田川佳久東京情報大SWIM2022-24
プログラム技法の効果的な習得方法として,サンプルプログラムを参考にするものがある.一方,サンプルプログラムの数が多くなる... [more] SWIM2022-24
pp.20-26
NLP 2022-11-25
14:50
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
カオス応答を示すIzhikevichニューロンの発火率を用いた共通入力の再構成
野村亮太早大)・藤原寛太郎東大)・池口 徹東京理科大NLP2022-77
 [more] NLP2022-77
pp.91-96
 1730件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会