お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS 2022-11-08
09:00
北海道 北海道自治労会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IoTボットのC&C通信を模したスクリプトによるDoS攻撃命令の観測
鮫嶋海地遠藤祐輝田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大
 [more]
ICSS 2022-11-08
09:25
北海道 北海道自治労会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IoT機器のファイル構成を模したサンドボックスによる持続感染型IoTマルウェアの実行環境依存性の分析
井上貴弘横浜国大)・岡田英造岡田晃市郎横浜国大/レインフォレスト)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大
 [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
13:00
ONLINE オンライン開催 IoT 機器のための遠隔安全制御システム
竹内 健ジャパンデータコム)・渡邉洋平電通大/ジャパンデータコム)・矢内直人阪大/ジャパンデータコム)・竹久達也ニッシン)・四方順司横浜国大)・中尾康二NICTICSS2021-73
IoT機器を対象としたマルウェアは増加の一途をたどっており, 重要インフラなどにおける多くのシステムにおけるセキュリティ... [more] ICSS2021-73
pp.87-92
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) IoTマルウェアが狙う脆弱性の変遷の動的解析による分析
鮫嶋海地佐々木貴之田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大ICSS2020-40
IoT機器が急速に普及している一方で,脆弱性のあるIoT機器がサイバー攻撃の対象となっている.本研究では,IoTハニーポ... [more] ICSS2020-40
pp.84-89
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
14:55
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 適応的サンドボックスによる持続感染型IoTマルウェアの動的解析
井上貴弘横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・榊 博史岡田晃市郎横浜国大/レインフォレスト)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・佐々木貴之田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大ICSS2020-41
脆弱なIoT機器に感染するマルウェアの高度化が進みつつある.従来のIoTマルウェアとは異なり,機器の再起動後も永続的に感... [more] ICSS2020-41
pp.90-95
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
13:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
アグリゲートメッセージ認証方式の実装と評価
山岸篤弘武内良男ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一鄒 家発ニッシン)・今村 祐ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大)・廣瀬勝一ジャパンデータコム)・中尾康二横浜国大)・石田祐子今井秀樹平田康夫ジャパンデータコムICSS2019-96
 [more] ICSS2019-96
pp.207-212
ICSS 2019-11-13
13:55
宮崎 MRTテラス(宮崎市) 高速な系統樹構成アルゴリズムの提案及びその評価
何 天祥九大)・韓 燦洙伊沢亮一高橋健志NICT)・来嶋秀治竹内純一九大)・中尾康二NICTICSS2019-61
 [more] ICSS2019-61
pp.7-12
ICSS 2019-11-13
16:45
宮崎 MRTテラス(宮崎市) アグリゲートメッセージ認証方式の実証システムの検討とIoTシステムへの適用
山岸篤弘武内良男ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一ニッシン)・今村 祐ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大)・廣瀬勝一ジャパンデータコム)・中尾康二横浜国大)・石田祐子今井秀樹平田康夫ジャパンデータコムICSS2019-67
IoTデバイスの利活用が爆発的な広がりを見せており,IoTデバイスの増加に伴うデータ量の抑制が課題となってきている.また... [more] ICSS2019-67
pp.41-46
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
14:45
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター アグリゲート・メッセージ認証方式の実装と評価
山岸篤弘ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一ニッシン)・廣瀬勝一今村 祐ジャパンデータコム)・峯松一彦NEC)・四方順司中尾康二横浜国大ICSS2018-73
 [more] ICSS2018-73
pp.29-33
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-07
13:00
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター Graphical Lassoを用いたダークネットデータのリアルタイム分析に基づくマルウェア活動検知に関する検討
韓 燦洙九大)・島村隼平クルウィット)・高橋健志井上大介NICT)・川喜田雅則竹内純一九大)・中尾康二NICTICSS2017-51
本研究ではダークネットトラフィックデータからサイバー空間での悪性の活動(特に,ボットネット)を自動的かつリアルタイムに検... [more] ICSS2017-51
pp.1-6
ICSS, IA
(共催)
2016-06-06
14:10
佐賀 佐賀大学 マルウェアから暗号化/復号関数の位置を特定する手法の提案
古川凌也神戸大)・伊沢亮一NICT)・森井昌克神戸大)・井上大介中尾康二NICT
 [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
11:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 プロセスの出現頻度や通信状態に着目した不審プロセス判定
中里純二津田 侑衛藤将史井上大介中尾康二NICTICSS2015-60
標的型攻撃による重大なセキュリティインシデントが多く発生している.標的型攻撃で利用されるマルウェアは,アンチウイルスソフ... [more] ICSS2015-60
pp.77-82
ICSS 2015-11-26
15:00
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 通信プロトコルのヘッダの特徴に基づくパケット検知ツールtkiwaの実装とNICTERへの導入
小出 駿横浜国大)・牧田大佑横浜国大/NICT)・笠間貴弘鈴木未央井上大介中尾康二NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2015-38
独自のネットワークスタックが実装されたソフトウェアが生成するパケットは,ヘッダに固有の特徴を持つことがある.そこで,我々... [more] ICSS2015-38
pp.19-24
ICSS 2015-11-27
14:40
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 プロセスの出現頻度を用いた不審プロセス特定
中里純二津田 侑衛藤将史井上大介中尾康二NICTICSS2015-45
標的型攻撃による重大なセキュリティインシデントが多く発生している.標的型攻撃の特徴は,攻撃に使われるマルウェアはアンチウ... [more] ICSS2015-45
pp.61-66
IA, ICSS
(共催)
2015-06-11
14:55
福岡 九工大 百周年中村記念館 メモリ空間における暗号化/復号関数の位置特定に関する検討
古川凌也神戸大)・伊沢亮一NICT)・森井昌克神戸大)・井上大介中尾康二NICTIA2015-4 ICSS2015-4
我々は,マルウェア実行時にメモリに展開される暗号化/復号関数の位置を特定する手法を研究している.
これはマルウェアが行... [more]
IA2015-4 ICSS2015-4
pp.15-20
IA, ICSS
(共催)
2015-06-11
16:05
福岡 九工大 百周年中村記念館 複数のダークネットに対するトラフィックデータ解析とその応用
村井健祥古本啓祐神戸大)・村上洸介KDDI)・中尾康二KDDI/NICT)・森井昌克神戸大IA2015-7 ICSS2015-7
世界中にインターネットが拡大し国境を越えた通信を行うことができるようになった一方で,大規模なサイバー攻撃の増加が問題とな... [more] IA2015-7 ICSS2015-7
pp.33-38
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
15:20
福岡 九工大 百周年中村記念館 組織内のソフトウェア資産に対する脆弱性監視・警告自動化ツールの検討
高橋健志宮本大輔パンタ ボーラ中尾康二NICTIA2015-18 ICSS2015-18
セキュリティを担保するためには、各組織は常日頃からIT資産および関連する脆弱性情報を管理しなければならない。
しかしな... [more]
IA2015-18 ICSS2015-18
pp.99-104
ICSS 2015-03-03
15:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) サイバー攻撃情報の相関分析のためのタグ付加による効率化に関する一考察
畑 太一ジャパンデータコム/ニッシン)・井沼 学城西大)・四方順司横浜国大)・竹内 新ジャパンデータコム/ニッシン)・中尾康二NICTICSS2014-69
昨今,マルウェアを起因としたサイバー攻撃は増加の一途である.
そして,その攻撃手法も多様化しており,多種多様なサイバー... [more]
ICSS2014-69
pp.37-42
ICSS 2015-03-03
17:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) [招待講演]サイバーセキュリティ・マネジメントとは
中尾康二NICT/KDDI
 [more]
ICSS 2015-03-04
11:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 大規模ダークネットを用いた送信元アドレス地理情報およびAS情報に基づく災害時ネットワーク死活監視
鈴木未央NICT)・島村隼平クルウィット)・中里純二井上大介衛藤将史中尾康二NICTICSS2014-82
大規模な災害時においては,停電やネットワーク機器や光ファイバの物理的損傷
により,インターネットの機能不全が発生する.... [more]
ICSS2014-82
pp.115-120
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会